FC2ブログ
2020. 07. 08  
先の主日はローマ2:1-3を分かち合いました。説教録画はこちらです。2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」

「すべて人を裁く人よ、弁解の余地はない」と始まる御言葉です。

「人を裁く」とはどういうことでしょう?「裁く=ふるい分ける、取り仕切る」です。あの人は善い、この人は悪いと、裁判官になったかのようにジャッジを下すということです。

そういう風に人を裁いてはいけないということは、イエス様も教えてくれていることです。(マタイ7:1-6など)

分かりやすい教えです。でもそれだけに、難しいことです。だって、悪いことをしている人を見れば、やはり悪いと思ってしまうし、時には、神の示されるところの正義のために戦わねばならない局面もあるでしょう。

ですから、「人を裁いてはダメなんだ、ダメなんだ・・」と、教えを破らないことばかりにとらわれないほうがいいと思います。

それよりも大切なことは、自分はどうなのかということを、ちゃんと見つめるということです。

「人を裁いてはならない」という教えの本質は、神の裁きの前に置かれた自分自身をしっかり見つめよ、ということです。

たとえ正義のために戦わねばならないという局面にぶつかっても、でもその私が振りかざす正義は「間違い得る」ということを、どんな時も見失わないものでありたいと思います。

不完全な自分を棚に上げて、まるで神になりかわったかのようにふるまってはいけない。そういう教えだと思います。

神学生時代、校長先生が教えてくれました。「私たちは、改革派教会の考えが地上ではベストだと信じているから改革派にいるけど、天国に行ったら神様から、『君たち、全然間違ってたよ』と叱られるかもしれないよ。でも、天国には入れてもらえると思うけどね。ハハハ」と笑いながら、大きな視野を与えてくださいました。

砕かれた人は、大きい人だなと思います。神様をいつも見上げていたいですね。


共に祈りましょう。

主よ、九州地方の大きな水害に心痛めています。十字架の主イエスが、悲しみにくれるお一人お一人と共にいてくださることを、悟りました。主よ、罪の悲惨に悩む私たちの時代を、どうか憐れんでください。ウィルスの脅威も止まず、みんなの心がギスギスとささくれ立ってしまいますが、その中で、いつも自分自身を静かに見つめ、あなたの御前にあることを覚えていたいと願います。あなたの大きな御心を、私の心にさせてください。
スポンサーサイト



2020. 07. 08  
2020. 07. 07  
先主日の説教録画は、もうしばらくお待ちください。担当長老が昨晩遅くまで出張でした。献身的なご奉仕に感謝します。

今週は球磨川流域の大洪水に、胸を痛めております。熊本にいた時に、人吉や宮崎での集会のために球磨川沿いの道を走ったものです。

毎年のように起こる大水害は、間違いなく全世界的な気候変動の影響にあるものでしょう。

私たちは、人類の歴史の中で、そういう苦悩の時代に生を受けたのです。茅ヶ崎に住んでいると、南海トラフ地震や富士山噴火など、起こりうる災害をいつも想定して生きてますが、それらもまた味わわねばならない世代があります。

あのアダムの堕落の時に、人間の罪のゆえに大地は呪われ、私たち人間と大地との関係に根源的な歪み・ひずみが生じました。そこに、あらゆる災害の神学的な根拠を求めることも可能ではないかと、私は考えています。

私たちの罪のゆえに、被造世界全体もまた私たちと共にうめいているとパウロも言います(ローマ8:22)。

人類の歴史の展開と共に、大地との関係はどんどん悪化し、「よき管理者」としての責任(創世記1:28)を果たせないまま、地球温暖化現象をも招き寄せてしまったと、考えることもできます。

最近のローマ書の御言葉で考えれば、創造主なる神は、そういう人間の欲望の暴走を、そのまま放任して、静かに見つめておられるのかもしれません。きっと、はげしく胸を痛めながら。

こういう時に、神の御心を問いますが、私にそのすべてが分かるはずもありません。

ただただ、祈るのみです。


主よ、深い淵の底から、あなたを呼びます。大水が私たちに襲い掛かりました。亡くなられた方、甚大な被害に遭われた方々に、どうかあなたの憐れみがありますように。私たちもまた、同じ時代に生きる者として、不安を覚え、悲しみを共有いたします。主よ、嘆き祈る私たちの声に耳を傾けてください。あなたがすべての罪を心に留められるなら、私たちは誰も耐えられません。主よ、憐れんでください。私たちの時代を、泥沼から救ってください。



2020. 07. 03  
次の主日には久しぶりに聖餐式が予定されています。コロナ禍の中、最新の注意をしつつ、教会の活力の中心である聖餐の食卓を回復したいと願います。

ウェストミンスター小教理97問によれば、「聖餐をふさわしく受ける」ために以下の心備えが必要です。

何より求められるのは、自分の現状の信仰と生活について、よく「自己吟味する」ことです。

キリストを我が命の力とし、彼にのみより頼む信仰をもって与らねば、聖餐は無意味です。

そしてそういう信仰は、悔い改めや、神と人への愛、そして新しい服従の生活と表裏一体です。

「今の自分はどうであろうか」と、聖餐に際して、毎回セルフチェックすることへと招かれています。

そういう厳しい「自己吟味」は、自分の信仰者としての不完全さ、ダメさを浮かび上がらせます。

でも、「こんな自分には聖餐を受ける資格がない・・」と、辞退をすべきではないのです。

むしろ、そういう不完全な者だからこそ、聖餐の恵みにあずかって、恵みのうちに成熟していくことが必要です。


ここ数回の主日礼拝説教において、ローマ書の御言葉を通して、私たちは自分の罪深さを痛感させられました。

でも、その私を赦し、きよめ、最後の審判にさえ耐えられるものにしてくださるのが、キリストの救いの恵みです。

それが、目に見える形で差し出されるのが、聖餐です。その救いの恵みを、しっかりその手で受け取り、味わわせていただくのです。

先主日の説教の最後に、「キリストが、十字架の傷のついたままの手を大きく広げて、滅びの道を行く私たちを止めてくださった」と申し上げました。

そのようにして主は、大きな手を広げて、私たちを聖餐に招いてくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、蒸し暑い日々が続きますが、あなたの恵みと慈しみに追いかけられて歩む、私たちの日々に感謝します。今週の週末の歩みを整えてくださって、主の日に、感謝と喜びをもって主の食卓に臨むことができますように。ひとりひとりの自己吟味を、ふさわしく導いてください。
2020. 07. 02  
昨晩の祈祷会で語り合いましたが、先主日の最後の御言葉が印象的でした。

「彼らは、このようなことを行う者が死に値するという神の定めを知っていながら、自分でそれを行うだけでなく、他人の同じ行為をも是認しています。(ローマ1:32)」

特に、最後のところ「他人の同じ行為をも是認しています」というところ。

「是認する」とは、「受け入れ、よしとする」ということです。つまり、生活の中で見いだされる他人の罪や悪を大目に見て、受け入れるということ。

これは、私たちのしばしばしていることでしょう。特に現代は、できるだけことなかれで、他人の罪や悪を目にしても、それを指摘するのも憚られることしばしばです。

あるいは、相手の弱さに同情し、「それは仕方ないね」と受け入れてあげたい。それが愛ではないかと、考える人もいると思う。

確かにそういう面はあるのです。赦しと愛によって受け入れられることから、悔い改めが始まるということがある。

でも、「罪は罪である」としっかり認識し、相手の間違いを正しく指摘できる備えがなければ、それは愛ではなく、甘えと馴れ合いになってしまいます。

もちろん、私たちには、誰かを間違っていると正しくジャッジメントする能力などありません。

自分こそが正しいとしてしまうと、ただちにおかしなことになってしまう。それが次主日の御言葉の問題でもあります。

そういう悩ましさを覚えつつも、「あなたのその言動は間違っていると思う」と、まっすぐに相手に向き合うコミュニケーションに示される、深い深い愛情ということを、考えさせられた夜でした。


共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたが与えてくださる人間関係の中で、あなたからいただいた愛をもって、人と関わり生きていく私たちです。時に互いに厳しく裁きあって、傷つけあってしまう。時に互いに甘やかしすぎて、互いの過ちを見ないふりをして、一緒に堕落の道を進んでしまう。主よ、まことに愚かな私たちです。真実の愛を教えてください。
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR