FC2ブログ
2020. 04. 07  
緊急事態宣言が出されるということで、ウイルスの猛威に気持ちもふさぎがちな日々です。でも、まもなくイースター、命が勝利した日です。

十字架の悲しみの中で太陽を覆った闇も、やがて光に凌駕されて、復活の希望の朝にいたります。

4月より、このブログ・配信を「日々の祈り」と名前を変えて、再開したいと思います。

まだ本格的な再開は、来週以降にお待ちください。今週は今日だけ、予告コマーシャルのような感じで(笑)。


湘南では、先の主日は30名を超える出席で、4年の無牧の時を耐え忍んだ皆さんの喜びにあふれていました。

残念ながら、次の主日のイースター礼拝からは、「礼拝に集まる」のをやめることを忍耐し、牧師と長老以外は自宅で礼拝を守っていただくことになりました。

本当はこのような時こそ、神の家族が集まって励まし合い(ヘブライ10:24-25)、「一人の人」のようになる一致をもって(ネヘミヤ8:1)、この試練を乗り越えたいのです。

しかし、今は忍耐の時です。

でも、聖書の言葉遣いにおいて「忍耐」とは、やがて必ず訪れる希望の時の到来を待ち望んで、今の時を迎え撃つという積極的な信仰の姿勢をいいます。

「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(ローマ5:4-6)」

皆さんそれぞれに、教会においても、日常の生活においても、忍耐の時を過ごしておられることでしょう。

しかし、今の時は、特別な意味のある試練の時です。今こそ、主に信頼して、地上の生命よりもはるかに大きな希望を見上げましょう。
神の愛は、確かに私たちに注がれています。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの時代に与えられたこの試練の意味を、どうかはっきりと悟らせてください。あなたは生きておられます。今この時に、私たちがあなたに立ち帰り、なすべきことを忠実になすことができますように。どうぞこの忍耐の時が、かえってひとりひとりの霊性を高めますように。
スポンサーサイト



2020. 03. 27  
昨日の配信に、私の敬愛する兄弟が応答してくださり、安田吉三郎先生のローマ書注解の一文を送ってくださいました。

ローマ8:32にある「ご自分の御子をさえ惜しまず死に渡された」という表現から、安田先生もまた、創世記22章のイサク奉献の物語を指し示しておられました。

そのように、「御子を十字架の死にまで引き渡されたということは、いっさいが私たちのために与えられたことを意味している」と、安田先生は言われます。確かにそうです。

神は今や、ご自身を「私たちのために」完全に明け渡してくださっている。

そうだとすれば、これはなんということでしょう・・・。なんと畏れ多いことでしょう・・・。

神は、万物の創造者、支配者です。すべてのことを「ご自身の栄光のために」要求することができる方。

すべての栄光を帰すべき方。この方のために、私たちのすべてをささげるべき方。

その方が、今や、ご自身のいっさいを、そのご存在そのものさえも、「私たちのために」差し出してくださっている。ささげてくださっている。

それが、イエス・キリストの十字架の死において示された、恐るべき真理としての、神の愛です。

そうであるからこそ、この地上のあらゆる力をもってしても、「わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。(ローマ8:39)」

8年間、いつも同じことだけを繰り返し申し上げてきました。

この、私たちに対する神の愛に満ちた献身と、この神の愛に対する私たちの献身。


共に祈りましょう。

主よ、何度でも、何度でも、ここから出発させていただきます。今日も、あなたの愛を確認させていただきました。今日、どんな一日が待っているか分かりませんが、どんなに心がこわばってしまった時にも、具体的な助けを与えてくださって、魂を励ましてください。あらゆる事柄の中に、あなたの愛のしるしを見出すことのできる、開かれた目をください。
2020. 03. 26  
皆様、おはようございます。今週月曜日に、茅ヶ崎市に引っ越しをして、昨日まで荷ほどきに奮闘しておりました。

ようやく一区切りつき、ネット環境も整って、メールもできるようになりました。

次の主日は勝田台での最後の礼拝奉仕になりますので、祈りをもって備えたいと思います。

この三年ほど、改革派教会の教案誌のカリキュラムに従って、礼拝説教テキストを選んできました。

そういう中で、この最後の一か月がアブラハムの物語が示されたことに、いわく言い難い、不思議な導きを覚えてきました。

最後は創世記22章のイサク奉献の記事です。

「焼き尽くす献げ物の小羊はきっと神が備えてくださる。(創世記22:8)」

私たちのために、小羊イエス・キリストを備えてくださった神が、きっとすべてを備えてくださる。

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。(ローマ8:32)」

今度の説教は、この御言葉を中心に、思い巡らすことになるのだと思います。

共に祈りましょう。


愛する主よ、依然としてウィルスの脅威は消えず、むしろいよいよ高まってきているような今週の日々でもあります。激しい嵐の中でもまれるような思いで、日々を過ごしています。主よ、あなたが私たちの助けです。十字架において示されたあなたの愛を、疑うことはありません。主よ、今日も私に、そして愛するひとりひとりに、必要なすべてを備えてください。
2020. 03. 20  
今週は、私自身が日ごとに与えられ続けている御言葉の励ましを、お裾分けさせていただいてきました。

昨日、神戸改革派神学校の吉田隆校長から、文書が届きました。

現在の状況下において、各個教会が事柄を神学的視座をもって考察することができるように、それに資するための文書を書いてくださいと、大会常任書記長として神学校校長にお願いしていたのです。

それが、届いたのです。すばらしい文書でした。心を深く燃やされました。

皆さんには、一足早く、そのさわりのところだけお伝えします。

主なる神は、愛する者たちを「暗黒の中を行く疫病」や「真昼に襲う病魔」からもお守りくださる御方です(詩編91章)。しかし、たといそうでなかったとしても、病に侵された者を深く憐れんで触れてくださるのが、私たちの主イエス・キリストです(マルコ1:41)。

・聖書の神は、疫病をもたらすことも止めることもできる全能の神です。しかし、それ以上に、病に倒れようが人々から遠ざけられようが、ただ一人どこまでも関わってくださる愛の神です。病を支配する方であると同時に、病の如何にかかわらず、私たち人間を愛してくださる御方なのです。

・このような神の愛を信じ、この神の愛によって救われたキリスト者もまた、この世の病を恐怖の的のように見る必要はありません。剣であろうと飢えであろうと、キリストの愛から引き離すことができるものなどないからです(ローマ8:35)。


共に祈りましょう。

主よ、愛の主よ、あなたの愛を私は疑いません。あなたは私の人生に、なにひとつ悪いことをなさいませんでした。これからもそうなのでしょう。主よ、私が愛されているのと同じように、今、病に苦しみ、不安の中におののくすべての人のことをも、あなたは愛しておられることをも知っております。主よ、あなたの御心がなりますように。
2020. 03. 19  
昨日に続いて、神様からいただいている御言葉のプレゼントの数々を、お裾分けいたします。

この数週間、ハードワークを心配してくださって、たくさんの方が祈りで支えてくださっていることを感謝しています。

ひとりの先輩牧師が、毎日、詩編の言葉をメールで送ってくださいます。

これは恐らく、その先生がご自分で訳されたものと思いますが、こういう御言葉を贈ってくださいました。

「詩編9:正義と公平の主は、虐げられた人の砦、苦難の時の砦。御名を知る者は、あなたに寄り頼む。あなたは、尋ね求める者をお見捨てにならない。」

昨日は、10篇でした。

「詩編10:主よ、立ち上がってください。神よ、御手を伸ばしてください。苦しみ悩んでいる人々を顧みてください。幸せを失った我らはあなたに身を委ねます。」


また、愛する勝田台教会のひとりの長老が、詩編130篇の御言葉を分かち合ってくださいました。

私の昨日の配信への応答として、自分の中で、詩編130篇の御言葉が立ち上がってきて、何度も読み返しましたとお伝えくださいました。

神が与えてくださる聖徒の交わりは、なんと幸いなことでしょう。

こういう祈りと御言葉のプレゼントによって、小さな魂は、何度でも息を吹き返すのです。復活の主の勝利を信じて。


今日は、詩編130篇の御言葉すべてを書き留めますので、これをもって、共に祈りましょう。

「深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます。主よ、この声を聞き取ってください。嘆き祈るわたしの声に耳を傾けてください。

主よ、あなたが罪をすべて心に留められるなら、主よ、誰が耐ええましょう。

しかし、赦しはあなたのもとにあり、人はあなたを畏れ敬うのです。

わたしは主に望みを置き、わたしの魂は望みをおき、御言葉を待ち望みます。

わたしの魂は主を待ち望みます。見張りが朝を待つにもまして。見張りが朝を待つにもまして。

神の民よ、主を待ち望め。慈しみは主のもとに、豊かな贖いも主のもとに。主は、私たちを、すべての罪からあがなってくださる。」
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR