FC2ブログ
2019. 07. 30  
今日から子どもたちのジュニアキャンプがあります。明日明後日は、配信をお休みいたします。

また、明日からはいよいよエレベーターの改修工事が始まります。無事完成し、体を弱めている方々が会堂に集うことができますように。

また、今週木曜日からは、宮城県山元町の「のぞみセンター」での奉仕に、当教会からも3人の方が遣わされます。

地域の方々とのバーベキューが主な行事です。被災された方々に「あなたたちのことを忘れていない」とのメッセージを届けてほしいと願っています。

それぞれ、お祈りに覚えてください。

さて、先の主日には「お前は主のまっすぐな道をどうしてもゆがめようとするのか」という、パウロの激しい叱責の声に耳を傾けました。

それは、セルギウス・パウルスの求道を邪魔する、魔術師エリマに対するものでありました。

礼拝後に、子どもたちと説教の恵みの分かち合いをしました。

すると、「主のまっすぐな道」ということが心にかかって、ずっとそのことを考えていたと教えてくれる子がいました。

自分は命の道を、まっすぐに歩いて行けるかな?

ラクダが針の孔を通るよりも難しいと言われているから、神の国に入ることはできないかな?入りたいな・・。

そんな素直な祈りを、分かち合うことができました。

私は牧師として申し上げました。大丈夫、人間にはできなくても、神様にはできる。

私たちは、まっすぐには歩けないね。フラフラと右往左往してしまう。それが、人間の弱さだね。

でもそういう罪人であっても、イエスを信じるならば、決して見捨てないで、絶対に手を離さないで、永遠の命に導いてくださると、神様は約束してくださいました。

神様は手を離されないから、絶対に大丈夫。安心していなさい。このことを、一生、どんなことがあっても忘れないでいてください。

神様は決して手を離さずにいてくださる。だから、私たちもその手をしっかり握り返す。

その時に、神と共に生きる喜びが分かってきます。信仰と希望と愛が、魂に満ちてきます。

私たちは、まっすぐに歩けない。でも、神様が、どんなにフラフラしても見捨てないで、ゴールに向かって整えていってくださいます。

だから私たちも、まっすぐに歩かせてくださいと祈ろう。

まっすぐに歩いて行こうと足を踏み出す時、神から与えられたあなたの尊厳が輝きだすのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの道を教えてください。わたしはあなたのまことの中を歩みます。

御名を畏れ敬うことができるように、一筋の心をわたしにお与えください。(詩編86:11)

スポンサーサイト



2019. 07. 18  
参議院選挙が近づいています。期日前投票に行こうかと思います。

神から与えられた「この国の主権者」としての役割を忠実に果たしたいと、祈って備えています。

今、私たちの時代を覆っているのは、将来への圧倒的な不安感ではないかと思います。

なんだか、もう残り少ない砂時計の砂がサラサラと落ちていくのを見ていくような思いで、なすすべがない・・・とあきらめている。

そういう不安と虚無感に乗じるように、強権的な政権がのさばり、「自分たちこそが救うことができる。黙ってついてこい」と笛を吹いている。

しかし、誰もそんなことを信じてはいないのです。

彼らがこの砂時計を逆転できるなんて、誰も思っていない。でも、誰がやっても同じとあきらめている。そういう風に、私には見えるのです。


「新聞記者」という映画が大きな反響を呼んでいます。人気俳優の松坂桃季さんの出演でも話題です。

東京新聞社会部記者・望月衣塑子氏の2017年の著書『新聞記者』を原案にした社会派のフィクションです。

内閣情報調査室(通称:内調)による恐るべき情報操作の実態が、つまびらかにされています。

あくまで映画ですから、やや過剰な演出のようにも見えるのですが、実際はこれ以上に深刻なのかもしれません。

「政権の安定こそが正義」と信じるごく一部の官僚が、鉄面皮のごとき冷たさで、公共倫理など微塵も考慮することなく、政権に不利な存在をつぶしていく。



民主主義を無邪気に信じることができた世代の方々からすれば、今は日本でも世界でも、まったく信じがたいことが起こっていることでしょう。

私は子どもの頃、ナチスの狂気を知って、どうしてこんな愚かなことを止められなかったのかと単純に思いましたが、「ああ、こういうことなのか・・」と気付かされるような思いです。

誰がやっても同じかもしれない。

でも、一人のキリスト者として、自身の「良心」に対してあまりにも鈍感すぎる人たちには、投票したくないという気持ちがあります。

そして、勇ましいラッパを吹くことより、砂が落ち切ったそのところで、なお絶望せず、粘り強く、空っぽの砂時計に新しい意味を見出すことに、誠実に取り組んでくれる、そんな政治家を求めます。


今日はいつもと違ってすみませんでした。心に浮かんだ聖句を分かち合います。詩編36篇全体です。

「神に逆らう者に罪が語りかけるのが、わたしの心の奥に聞こえる。彼の前に、神への恐れはない。自分の目に自分を偽っているから、自分の悪を認めることも、それを憎むこともできない。・・・・」


共に祈りましょう。

主よ、私たちの時代を憐れんでください。間もなくこの国の参議院選挙が行われます。あなたが日本国民に恵みとして与えてくださった「主権者」としての役割を、あなたにあって誠実に果たすことができるように、聖霊の導きをお与えください。
2019. 07. 10  
今朝は新しい発見をしました。ここのところ、毎朝、詩編の言葉を味読するようにしているのですが、今日は詩編130篇を読んでいました。

「深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます。主よ、この声を聴き取ってください・・」と始まる、有名な詩編です。

大きなテーマとなっているのは、罪と赦しです。

人間の罪ゆえに繰り広げられる現実世界の悲惨のどろ沼にのまれて、溺れて、滅びに向かっている人の悲痛な叫びがあげられます。

あるいは彼は、自分の人生の決定的な間違いに気づかされ、深い海の底に沈みこんでいるのかもしれない。

問題となっているのは、そういう「罪と死の深淵」です。

聖なる神が、もしも私たちの罪をすべて心に留められるなら、わたしたちは滅ぶよりありません。

救いがあるとしたら、神がそれを赦してくださるということだけです。

こちらからは、それを求めることはできません。

わたしという存在の間違いに、もしも赦しがあるとすれば、「お前をよしとする」と受け入れられるとすれば、それは恵みでしかありません。

この詩編130篇では、「わたしの魂は主を待ち望みます。見張りが朝を待つにもまして、見張りが朝を待つにもまして」と祈ります。

町を守る門衛が、朝の到来を待ちわびて、夜の深い闇の中を過ごすように、主の赦しの光を待ち望んで、暗闇の中で身をかがめて悔い改めている、そういう砕かれた人の姿が目に浮かんできました。

そこで、私は気付きました。これは、サウロだと。

先の主日に分かち合った、サウロの回心の時に与えられた、三日間の暗黒と、赦しの光の中への再生。

それは、詩編130篇の世界であったのです。これが今日の新しい発見です。


共に祈りましょう。

主よ、我らもまたサウロのように、あなたの赦しを必要としています。この深い罪を贖って下さったイエス・キリストの十字架の救いに、心から感謝します。
2019. 06. 22  
ここのところ土曜日の配信をお休みするが多くてすみませんでした。今日は大丈夫です。

今週は詩編の祈りに心を合わせて、皆さんといっしょにお祈りをささげてきました。今日は詩編23篇です。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる。(詩編23:2-3)」

神様、今日どんな道が用意されているのか、私たちには一秒先も分かりませんが、あなたが共にいてくださいますから、わたしは災いを恐れません。

暗い暗い、光が見えない谷底を歩むような思いで、日々を過ごしている方々のことを憐れんでください。

生涯の終わりが近づいていることを強く意識しながら歩んでいる方々を憐れんでください。

そのひとりひとりの迷える羊を、憩いの水のほとりに伴って、その魂を癒してください。

願わくは、明日、みなを礼拝に集めてくださり、御言葉によって、私たちに命の水を注いでください。

疲れて死んだようになっている者も、息を吹き返しますように。

神様、私たちはそれぞれにあなたに背き、自分勝手な道を歩んでいたような人生でした。

でも、あなたが追いかけ探してくださって、悔い改めを与えてくださったことを感謝します。

あなたと共に歩むこの生涯を、私は喜び感謝します。

やがて、あなたのもとで永遠に安らぐその時まで、あなたが示してくださる道を、大切に歩んでいきます。

主よ、わが羊飼いよ、いつまでも、わたしと共にいてください。
2019. 06. 21  
今週は詩編の祈りに心を合わせて、皆さんといっしょにお祈りをささげたいと願っています。

今日は詩編22篇です。

「わたしの神よ、わたしの神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか。なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず、うめきも言葉も聞いてくださらないのか。(詩編22:2)」

神よ、わたしの神よ、わたしが生まれる前から、わたしを見守り続けて下さったあなたの愛を覚えています。

わたしを母の胎から取り出し、その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。

私が母の胎にある時から、あなたはわたしの神。

わたしはあなたに信頼します。

しかし神様、今は、あなたをとても遠くに感じてしまうのです。

この神を見失った世界にあって、渇いた言葉に囲まれて、私の魂はひからびてしまいました。

今はとても疲れています。

なんだか自分が惨めに思えてなりません。

わたしは虫けらだと思います。

あなたに見捨てられたとしても仕方ない人間のクズです。

しかし主よ、わたしの神よ、どうか見捨てないでください。

あなただけは、遠く離れないでください。

私に代わってあなたに見捨てられたイエス・キリストの十字架の贖いのゆえに、私を赦し、この苦しみから助け出してください。

主よ、あなたを信じます。

助けを求める叫びを、あなたは聞いていてくださると信じます。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR