FC2ブログ
2015. 01. 29  
昨日与えられた、コロサイ1:23について、もう少し考えてみましょうか。

「ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。」


このように言われていますが、残念ながら私たちの信仰というのは、悲しいほどに、もろく、揺れ動くものです。

いろんなことが原因で、すぐに崩壊します。

悪いことばかりが続く。神様は、祝福なんて全然くださらない・・。周囲との戦いに、人間関係に、労働に、奉仕に・・とにかく何だか疲れてしまった・・。牧師に傷つけられた・・。会いたくない人がいる・・。


神様は、そのすべてのことを通して、私たちに何かを気付かせようとしてくださっているのだと思います。

現実をそのように解釈することのできる力こそ、信仰のもたらす一つの恵みです。

でも、その「信仰」そのものが、崩れてしまった時は・・・・。

そういう人にこそ読んでほしいと思って、毎日配信をしていますが、そういう人は、たとえメールを受け取っても、恵みを受け取れなくなっておられることでしょう・・。

イエス様は「あなたの信仰が無くならないように祈った」と、裏切るペトロを憐れんでくださいました。

主の憐れみにすがって、牧師もまた、皆さんのために祈っています。


共に祈りましょう。

信仰の創始者また完成者であるイエスよ、今もし、信仰の喜びがしぼんでしまって、あなたを見失っている者がいましたら、どうか憐れんでください。どうかあなたが、深く深く、その魂に寄り添ってくださって、慰めと、力を与えてください。




スポンサーサイト



2015. 01. 28  
先の日曜日の説教に対する応答として、ある方が、この聖句をあげてくださいました。

コロサイ1:23「ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。」

「福音の希望」とは何でしょう。

以前は神から離れ、神と敵対して、神の怒りと呪いにさらされていた私たちが(コロサイ1:21)、

今や、御子イエスの十字架の死によって、神とのあいだを和らがせていただいて(平和・和解)、聖なる者、とがめるところのない者としていただきました(コロサイ1:22)。

だからこそ今や、神は私たちの味方でいてくださいます。どんな時も。

どんな苦しみの時も、病の時も、さみしい時も・・。死の陰の谷を行く時も、神が共にいてくださると信じてよいのです。

終わりの時の裁きも恐れることはありません。

「わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛(ローマ8:39)」から決して離されることなく、永遠の命まで導かれます。

この全体が、「福音の希望」です。


共に祈りましょう。

主よ、あなたは私たちの父、救い、盾。私たちが、この一日、信仰に踏みとどまり、福音の希望の光の中で、喜び生きることができますように。


2013. 07. 18  
「そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。(コロサイ3:17)」

私たちの今日という日が、感謝からはじまり、感謝で終わりますように。

わたしは、すべてを主に感謝することの大切さを、ある先生から教わりました。

その先生はいつも「感謝だなあ!!」とまぶしい笑顔です。

最初私には、それが煩わしくさえ感じました。

人が落ち込んでいる時に、感謝、感謝と・・・、人の気持ちが分からない人だな・・・と。

でも、あの「感謝だなあ」の声が耳から離れず、いつのまにか、私の心を高く引き上げてくれました。

引き上げられた心は、前よりも自由で、強くたくましくなりました。


今痛んでいる方々、不安の大きい方々にとって、「感謝だなあ」という声はまぶしすぎるかもしれません。

でも、あえて無神経に私も申し上げます。

今日、主が与えてくださるすべてのことに感謝しましょう。




共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたが私たちの救いのために、すべてを最もよく備えてくださると信じます。主よ、あなたに感謝します。私のために死んでよみがえってくださったイエスに感謝します。御子を与えてくださった父の愛に感謝します。
2013. 05. 17  
「わたしたちの負い目を赦してください」という祈りに、「わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように」と加えなさいと、主は教えておられます。

主に赦されることと、人を赦すことは、ひとつに結びついています。

赦された人は、赦す人になっていきます。

しかし、自分を傷つける人を赦すなど、そう簡単にできることではありません。


だから、まず同じ主を信じるクリスチャンの間で、「赦しあう」練習をしましょう。

「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。(コロサイ3:12,13)」


教会は病人の集まりですから、きついことを言う人も、傲慢な人も、心の狭い人もいます。

まず、自分自身がそういう者ではないかと・・・しっかり反省しましょう。

そして、そういう者が赦されたのですから、互いに赦し合いましょう。

これは、きれいごとかもしれません。

でも、教会がきれいごとを失うなら、もはやどこにも愛などありません。


共に祈りましょう。

主よ、今日わたしたちが、あなたに愛された者たちとして、ふさわしく赦し合い受け入れあい、あなたの愛を証しすることができますように。それぞれの家庭にも平和を与えてください。
2013. 02. 16  
今週は、「敵を愛しなさい」との教えを思い巡らしてきました。

私の敵とはだれか、愛するとはどういうことかと考えてきました。

今日、週の最後の日に思い返したいのは、だれより私たち自身が、神の「敵」であったということです。


「あなたがたは、以前は神から離れ、悪い行いによって心の中で神に敵対していました。(コロサイ1:21)」」

それぞれ、今週の歩みを静かに思い起こしましょう。

今、忙しい手を止めて祈りの時間を確保してください。神と向き合い、自分と向き合いましょう。


私たちは神の敵です。でも、そんな私たちが、キリストを通して神の御前に招かれています。

「しかし今や、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、ご自身の前に聖なる者、きずのない者、とがめるところのない者としてくださいました。

ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。(コロサイ1:22-23)」


共に祈りましょう。

主よ、あなたから離れては、私たちは渇きはてて滅びます。あなたとの間に和らぎを与えていただいたことを、心から感謝します。主よ、今日の一日、あなたの福音の希望の中で、安らかに歩ませてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR