FC2ブログ
2020. 04. 30  
「与える=愛する」という人生へと立ち上がったザアカイの姿を想い起しながら、今日の歩みへと送り出されているこの一週間です。

説教の中で私は、「主に用いられる喜び」について分かち合いました。

主によって、神の目に映る自分の値打ちに気付かされたザアカイです。「あなたは価高く、尊い」です。

でもそれで終わりじゃない。そこで止まっている人が多い。大事なのは、それからです。自分の値打ちに気づいたなら、それをイエス様に有効に用いていただくことが大切です。

なけなしの1万円札をぐちゃぐちゃにして、例えてお話ししましたが、ザアカイはまさにそういう存在でした。ゴミ屑のようになってしまっていた、でも、本当はゴミじゃない。値打ちある存在。

イエス様に出会って、1万円札としての本来の自分の値打ちを思い出させていただいたのがザアカイでした。

でも、1万円札は1万円札として飾っていても美しくありません。用いられてこそ、その本質が存分に輝きだすのです。

ザアカイは知りました。これから自分は、貧しい人を助けるために、神に用いていただけるのだ。

そのために自分のこれまでの人生があったのだ。今まで蓄えてきた財産にも意味があったのだ。ここに自分の役割があったのだ。

そこに気づいた時の喜び。命の充実。それは、他の何にも代えられない、創造に由来する人間本来の喜びなのです。神に「用いられる」ことこそ、魂にとって最高の喜びなのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日の日、あなたに与えられる新しい出会いの中で、あるいはいつもと変わらぬ日常にあって、私を豊かに用いてくださって、あなたの御心をこの地上になしてください。私の時間を用いてください。誰かを笑顔にするために。私の労働を用いてください。家族を養い、社会に貢献し、あなたの慈しみを広げていくために。医療に従事している方も、食事の給仕をする方も、レジに立つ方も、ご飯を作る母親たちも、おうちで勉強する子どもたちも、主よ、すべての者を豊かに用いてくださって、あなたのご栄光が表されますように。



スポンサーサイト



2020. 04. 29  
ザアカイの物語を振り返っていますが、先の主日には、聖書には書かれていない「その後のザアカイ」まで想像しました。

「自分のためではなく、他者のために与える」=「愛する」という新しい生き方へと、向きを変えられたザアカイです。

それは感動的な回心の物語でした。でも、きっとそこから先はイバラの道だったことでしょう。

あなたを助けたいと申し出たそのお宅で、「急に善人ぶりやがって。お前のせいで父ちゃんは死んだ。どうしてくれる!」と責められたこともあったかもしれない。

あるいは、善意を利用され、だまされ、裏切られて、悔しくて泣いたこともたくさんあったかもしれない。

愛したいと願っても、人はこちらが思う様には愛させてはくれません。

愛がうまく届かない苦悩・・。それが、私たちの現実です。

「受けるより、与えるほうが幸いである(使徒言行録20:35)」とのイエス様の教えを、今の私たちの状況の中でどう受け止めるか・・・、それぞれの今日の物語があると思います。

感染防止のための連帯としての自粛のはずが、今や、オープンしているお店に「自粛しろ」との張り紙がされるような、恐るべき監視社会になってきています。かつての戦争の時と同じです。

色んな分析ができましょうが、根本のところで、キリストの愛の教えを全然知らない世界なのです。

そういう現実に生きる私たちは、「その後のザアカイ」と同じく、愛することの挫折を、今日味わうかもしれない。

でも同時に、これまで知らなかったような、愛することの喜びを、与えられるかもしれません。


共に祈りましょう。

主よ、愛の主よ、私たちのうちには欠けて歪んでしまった愛しかありません。みんな自分のことで精いっぱいで、互いに「自分のことしか考えていない!」と責め合っています。主よ、あなたはどんな思いで、見ておられるのでしょう・・。今日、わたしのうちに、自分を見つめ直す冷たさと、他者を見つめるあたたかさを、与えてください。

2020. 04. 28  
今週もまた重苦しい空気の中、生きていかねばならない私たちです。世間がどうにもギスギスしはじめてきました。

でも、深い呼吸と共に祈る時間を大切に、この体全体に聖霊の息吹を取り込ませていただいて、ほがらかに、信仰と希望と愛の道を踏み外さずに歩みたいなあと切に願います。

先の主日、ザアカイの物語の後半を分かち合いました。彼が生き方の根本的な方向転換を与えられ、まさしく信仰と希望と愛の道を歩み始めたことが証しされていました。

面白いのは、その時イエス様は、ザアカイに何も言っていないということです。

しばしば説教の最後で、「私たちは・・するべきです、・・せねばなりません」という風に、倫理的な適用がなされます。

私は絶対的にそれを避けています。これから坂井孝宏という牧師の説教を、注意深く聞いていてください。そういう言葉遣いはほぼしていないはずです。

とはいえ、説教において新しい生き方への促しがなされていないわけではありません。

むしろ、他の牧師以上に明確に、そういう方向性をもって、自分自身が聖書を受け取り、取り次いでいます。

ある「圧力」を感じることがあるかもしれません。

だれより説教者である私自身が、毎週、御言葉から「圧力」を感じながら、時には本当にはげしく悔い改めを覚えて、おそれをもって取り次いでいます。

それは、「愛と恵みの圧力」だと私は思います。

私たちの人生に決して無関心ではいられない三位一体の神の愛と恵みが、「新しい心と新しい霊をもって生きてほしいのだ(エゼキエル18:31)」と、私に圧倒的に迫ってくるのです。


共に祈りましょう。

主よ、あの日ザアカイが自ら立ち上がらずにはおれなかった、あなたの愛と恵みに対する圧倒的な感動を想い起しています。今日も私たち一人一人に、生きておられる主イエスとの命の交流が豊かに与えられ、その体全体に、血管をいき巡るようにして、みずみずしい霊の命が、新しい命が、指先まで届きますように。

2020. 04. 24  
昨日は一日中、オンラインでの大会常任書記団会議でくたびれました。ウィルス禍の様々な困難への非常的対応のために、時間を要しています。

明日もまた同様の大きな会議がありますから、お祈りいただけましたらありがたいです。特に、次主日の礼拝説教準備が祝福されますようにと、牧師を祈りで支えてください。

すでに原稿は準備できていますが、次主日もまたルカ19章のザアカイの物語を分かち合います。

特に後半、悔い改めて立ち上がったザアカイが、他者に施す=与えるという新しい生き方を始めた、その後の歩みを覚えたいと思います。

これまで他者から奪ってきた人が、与える人になった。これは、愛の革命とさえ言える方向転換です。

イエス様は、このザアカイの変化をご覧になって「今日、救いがこの家を訪れた」とおっしゃいました。

それは、彼が自らの悔い改めによって「救い」に到達したということではありません。

反対です。神からの「救い」が訪れたことによって、彼のうちに悔い改めが生じたのです。

むしろ覚えるべきは、「救われる」ということには、こういう生き方の根本的変化を与えられるということが含まれる、そこまで主は必ず導かれる、ということです。

イエス・キリストは、そういう「救い」を携えて、私たちの家に訪れてくださるのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちに「救い」の喜びをいよいよ豊かに与えてください。この状況にあって、自分の内に閉じこもってしまいがちな私たちですが、あなたが教えてくれた「他者を愛する喜び」を、忘れないようにしていてください。恐れと不安の中で、余裕を失い、人間の距離感がギスギスしていくかもしれません。でも、私たちの心に、さわやかな聖霊の風を吹かせてくださって、キリストの愛の香りをまとわせてください。
2020. 04. 23  
イエス様を見たいと捜したザアカイの必死さを確認しました。でもそれ以上に必死だったのは、イエス様です。

「失われたものを捜して救うため」に来られたというイエス様です。

まるで、捨てられてしまった宝物を捜すように、ゴミ箱をひっくりかえして生ごみや汚物をかきわけながら、形相を変えている人を想像します。

周囲の人たちは、「何をやっているんだ、あの人は?」といぶかり、疑い、幻滅したことでしょう。

ゴミのような人間と付き合って何をやっているんだ。立派な人だと思っていたのに・・・、それが周囲の反応でした。

でもイエス様は、全然違うことを考えておられたのです。違う、ゴミではない。彼は断じてゴミではない。

そうして必死で捜して、ようやく見つけた宝物。それがザアカイでした。だから、見つけた瞬間に!!、「ザアカイ、そこにいたのか」と呼び掛けます。

「急いで降りてきなさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」

ぜひあなたの家に泊まりたい・・・、これは、あなたの家に泊まることに決めている、そのために私は来たんだという言葉です。

あなたの家に泊まる。あなたの心にとどまり、救いをもたらす。そのために、はるかな道を旅してこられたのです。

天におられた永遠の神の子が、地上に来てくださり、地べたを這いまわるようにして、捜して捜して捜して・・・。

私たちは誰もがそのようにして、イエス様に必死で捜していただいて、救っていただくのです。


共に祈りましょう。

主よ、もしもあなたが見つけてくださらなければ、私はどんな人間になっていたでしょうか。罪に支配されている自分に無自覚なまま、嘘と濁りにまみれて、つかの間の快楽だけを楽しみにして生きていたのかもしれません。あなたが捜してくださったから、私は、自分の存在の目的を知りました。今この時にも、信仰と希望と愛をもって生きることを知りました。主よ、ありがとうございます。あなたにいただいた今日の命を、喜び生きられますように。
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR