FC2ブログ
2018. 02. 28  
私たちの人生には、様々な出来事が起こります。

教会の歴史にも、この世界全体の歴史にも、様々な出来事が起こります。

大切なのは、その出来事とひとつひとつ丁寧に向き合い、神様との関係において、その意味をよく悟り、受け止めることだと思います。

「バビロン捕囚」という悲劇は、本当につらく悲しいことでした。でも、その意味を大切に考えたことによって、神の民の未来は開かれました。

彼らがどのように受け止めたのかを知るのに、ネヘミヤ記9章に記されている祈りの言葉は重要です。

お手元に聖書のある方は、ぜひ全部読んでください。

これは、捕囚から解放されて後、エルサレムに帰還した人々が、再建した新しい神殿においてささげた礼拝の中で、大きな声で叫ばれた祈りです。

そこには、これまでの過ちの歴史が振り返られています。

神は、ご自身の約束にしたがって助けを与え、イスラエルの民の歩みを支えてくださった。しかし、先祖たちは神に背きつづけ、神を無視してきた・・。

天地創造の時以来の、そういう過ちの歴史を、切々と振り返るのです。

「あなたは正しく行動されました。あなたは忠実に行動されました。しかし、わたしたちはあなたに背いてしまいました。(ネヘミヤ9:33)」


このようにして、イスラエルの人々は歴史から学び、悔い改めました。

屈辱的な、民族の悲惨の歴史を語り継ぐのは、もう二度とこのようなことを繰り返してはならないと、この悔改めを受け継ぐためです。

悔い改める者たちには、必ず未来が開かれます。神は、決してお見捨てにはなりません。

特に日本人であるわたしたちに足りないのは、そのようにして歴史に学ぶという姿勢かもしれません。



共に祈りましょう。

主よ、これまで積み重ねられてきた人類の歴史、4000年にわたる信仰者の歴史、この日本という国の歴史、わたしという人間の小さな人生・・・、そのすべてをここまで導いてきてくださった、あなたに栄光がありますように。
スポンサーサイト



2017. 11. 02  
「主の祈り」はちょっと休憩して、昨日の祈り会で読んだネヘミヤ9章に導かれて、一日に向かいましょう。

ネヘミヤ書は、バビロン捕囚からの解放後を描きます。

総督ネヘミヤと祭司エズラに率いられて、エルサレムに帰還した人々が、大変貧相なものではありますが、神殿を再建します。

そうしてなされた、最初の礼拝において、断食し、これまでのイスラエル民族の罪を告白する・・・、それがネヘミヤ9章です。

旧約聖書の中でも、とびきり大切なところです。ぜひ読んでください。ここが分かれば、旧約聖書が分かります(逆もしかり)。


ここには、神の選びの民イスラエルの歴史のあらすじが、叙事詩のかたちで示されています。

繰り返し申しておりますが、聖書の信仰を持つとは、聖書に示された神の民の歴史(ストーリー)を自分の歴史とする、ということです。

そしてネヘミヤ9章には、わたしたちの先祖が犯してきた過ちが、書き綴られています。

エジプトでの苦しみの日々から救い出されたのに、傲慢に、かたくなになり、エジプトに戻ろうとした・・。

約束の地カナンに入れていただき、豊かな地の幸に満足したのに、またも神の教えを捨て、回心を説く預言者たちを殺した・・。

民が叫びをあげるたび、神はいつでも助けてくださった。しかし、平穏になると、再び悪事を犯した・・・。

そんなことの繰り返しであったという、先祖の歴史です。

でも、主なる神は、その「先祖を見捨てることはなさらなかった(ネヘミヤ9:17)」・・・、それがこの聖書の歴史のおどろきです。

「しかし、まことに憐れみ深いあなたは、彼らを滅ぼしつくそうとはなさらず、見捨てようとはなさらなかった。まことにあなたは恵みに満ち、憐れみ深い神。(ネヘミヤ9:31)」

主なる神は、そういう方なのです。だからこそこの主は、私たちの身代わりに、独り子を与えてくださったのです。


そのような神の憐れみによって、今再び、悲劇から救い出され、再建の道が始まろうとしている。それがネヘミヤの位置でした。

だからこそ、もうこのような過ちを繰り返してはならない・・・。こういう思いを、悔い改めというのです。


共に祈りましょう。

主よ、歴史を貫いて示され続けてきた、あなたのあまりにも深い愛におそれを覚えます。主よ、あなたに愛され続けているこの存在を、私たちも、今日、大切に扱うことができますように。
2016. 02. 12  
昨日の東関東中会「平和の集い」で、ネヘミヤ9章から説教させていただきました。

ネヘミヤ9章は、悔い改めの祈りのかたちで、アブラハムの選びに始まるイスラエルの歴史が想い起されます。

それは、約束にしたがって恵みを注ぎ続けてくださった、神の憐れみ深さについての記憶を保存するものです。

同時にそれは、その神を裏切り続け、傷つけ辱めてきた、「神に対する加害の歴史」の記憶を保存するものです。

「わたしたちはあなたに罪を犯しました」と、はっきり自覚しているのです。

「あなたは正しく行動されました。あなたは忠実に行動されました。しかし、わたしたちはあなたに背いてしまいました。(ネヘミヤ9:33)」


日本においては、先の戦争を語る時に、被害と苦難の歴史ばかりがいわれて、加害の歴史がなおざりにされていると、しばしば指摘されます。

例えば、戦争のメモリアルデーは、8月15日。広島・長崎への原爆という惨禍を経て、戦争が終わった日です。

しかしドイツの場合は、1月27日。アウシュビッツが連合国に解放された日がメモリアルデーとされます。それは、加害の記憶です。民族の恥であり、思い出したくない記憶を、そのようにして保存します。


日本人だけでなく、人類全体として、加害の歴史の想起ということが、今日改めて大切に考えられるべきでありましょう。

なによりも根本的な、「神に対する加害の歴史」ということを、「わたしたちの歴史」として継承することが、必要だと思えてなりません。


共に祈りましょう。

憐れみ深い主よ、わたしたち人類は、あなたに背き、あなたを辱め続けているものです。それにもかかわらず、恵みを注ぎ続け、世界を見捨てないでいてくださるあなたに感謝します。どうか主よ、私たちがあなたの御心を実現し、罪を犯さないようにしてください。富に支配されないように。だれも殺さないでいられるように。
2014. 12. 27  
明日は、今年最後の礼拝になります。

以前に「教会は年末年始はお休みですか?」なんて聞かれたこともありますが、一般的な日本人にとって、毎週毎週、変わることなく礼拝を守り続けるということは、それ自体が驚嘆なのでしょう。

今年もここまで、勝田台教会が、変わることなく礼拝を持ち続けることができたことを、感謝したいと思います。

それは決して当たり前のことではなくて、神の恵みによらねば、成し得なかったことです。

いつも申し上げていますが、「私たちが礼拝を守る」のではなく、「礼拝が私たちを守る」のです。

毎週繰り返し与えられる礼拝の機会は、魂を立て直していただく恵みの時です。

「今日は、我らの主にささげられた聖なる日だ。悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(ネヘミヤ8:10)」

主を喜び祝う礼拝こそ、私たちの力の源です。

明日も、無事に、いつものように変わることなく、礼拝をささげることがゆるされますように。


共に祈りましょう。

主よ、今週はクリスマスを祝うこともゆるされ、たくさんの恵みを感謝します。信仰告白なさった姉妹にも、尽きせぬ祝福がありますように。

明日、またみんなで礼拝をさせていただきたく願います。牧師の説教準備を祝福してください。私たちの心を整えてください。そして、大いなる力を、再び与えてくださいますように。
2012. 10. 30  
今週は、「礼拝」の恵みを覚えながら過ごしましょう。

日曜日に私たちは、主のみ言葉によって生き返り、勇気を得て、またそれぞれの一週間に遣わされました。

でも、礼拝は日曜日だけしかしてはいけないものではありませんね。

この朝のみ言葉メールをみんなで分かち合う時も、毎朝の小さな礼拝です。

配信を受けている兄弟のお一人がこう言ってくださいます。

「こうして毎朝、今日歩むべき道が明確に示され、心が高く上げられる。これは本当に力になります。」

みんなで、今日も礼拝から一日を始めましょう。

主は、今日も生きておられます。

「今日は、我らの主にささげられた聖なる日だ。悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。(ネヘミヤ8:10)」


共に祈りましょう。

愛する主よ。あなたを礼拝する喜びを、教えていただいたことを感謝します。いと高き神よ、あなたの民として選ばれたことを誇らしく思います。この弱い心を、今日も高く高く引き上げてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR