FC2ブログ
2018. 01. 19  
今週はサムエル記上16章の、ダビデの登場にまつわる物語に教えられて、一週間をはじめました。

家族の中でも疎んじられていたような末っ子のダビデを、「これがその人だ」と、王に選ばれた神様。

「容姿や背の高さに目を向けるな。・・・(神は)人間が見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。(サムエル上16:7)」

大変印象的な御言葉です。


面白いのですが、そうは言いつつも、少年ダビデは大変容姿もよく、姿も立派だったと書いています(12節)。

結局見た目も大事なの・・?と言いたくもなりますが、そういうことではなくて、心のよさは見た目にもあらわれてくるということでしょう。

特に、「目が美しい」というのはそうです。聖書においては、目は生命力のバロメーター。信仰の命に満たされている人は、目が輝くのです。

そういう意味で、見た目というのは、やっぱり人間同士の間ではある程度重要ですね。


ただしかし、神様の目には、すべてはお見通しです。その目の輝きの奥にある、罪の闇を見透かされます。ダビデとて、同じです。

思い出した聖句は、ヨハネ2:23-25です。イエス様のなさる奇跡に驚き、信じますとたくさんの人がついてくる。

でも、イエスは「彼らを信用されなかった」と書いてあるのです。なぜなら「イエスは何が人間の心の中にあるのかをよく知っておられたからである」と言われます。

恐るべき言葉です。


新聞に新興宗教の広告がありまして、「神様を信じるのでなく、神様に信じられる人間になる」と書いてあったのを思い出します。

なるほど、なかなか面白いことを言うなと思いましたが、聖書の世界観とはまったく違いますね。

人間の罪に対する理解が、浅すぎるのです。人間は、決して神に信用していただくことなどできません。

こういうところが、人間が作り出した神と、人間を創り出した神の違いのようにも思います。

聖書というのは一面において、人間というものの真実の姿について、神が教えてくださっている書物だと言う事もできます。

そしてそこには、神にまったく信用されない、わたしたちの罪の闇が見透かされています。

でも、そのすべてをご存じの上で、全部引き受けて、全部背負って、赦し、愛し、用いてくださる。

それが、キリストの十字架の犠牲において示された、神様の救いなのです。


共に祈りましょう。

主よ、私の知らない私自身の悪い心もよい心も、すべてを知っていてくださるあなたの御手に、この一日をおゆだねします。主よ、どうか今日の私の、すべてを赦し、すべてを愛し、すべてを用いてください。
スポンサーサイト



2015. 09. 01  
長い夏休みをいただきましたが、配信を再開いたします。

2012年9月から開始したこの配信、今日から4年目に入ります。新たな一年も守られますように。

*****
今週は、サムエル記上3章のエピソードから、耳をすまして神様の御言葉を「聞く」ことの意識を高められました。

霊的に腐敗し、神の祝福から離れてしまった暗黒時代に、見失われてしまっていたのがそのことでした。

「耳をすまして神様に聞く」ことが忘れられる時に、人間は暗くなります。悪くなります。

サムエルのように、「主よ、お話ください。僕は聞いております。」との素直な姿勢で、聖書に向かい、祈りに向かいたいと思います。

ともすれば私たちは、自分の言葉ばかりを聞いています。

自分で自分をいやそうとしたり、赦そうとしたり、自分で自分を責め苦しめたり・・。

そういう「自分の言葉」を捨てて、「神の言葉」に耳をすますという思いで、聖書に向かい、祈りに向かう一週間としましょう。


共に祈りましょう。

主よ、お話ください。僕は聞いております。今日、私たちが何をすればいいのか。あなたは何を望んでおられるのか。この困難な時代にあって、それぞれに与えられた試練の中で、聖書を通して、あなたの声を聞かせてくださり、歩むべき道を指し示してください。
2013. 06. 27  
神から名を呼ばれるという意味で、印象的な場面は、少年サムエルへの主の呼びかけです。

祭司エリのもとで従者として仕えていた少年サムエルは、ある日、神殿で寝ていると、主からの呼びかけを受けました。

しかし、それが主であるとは分からないサムエルは、師であるエリに呼ばれたと思い、三度にわたってエリを起こします。

エリは、「これは主の呼びかけだ」と気づき、サムエルに耳打ちします。

そしてサムエルは、エリの指示通りにふるまい、主なる神からお告げを受けるのです。

サムエル記上3:10です。

「主は来てそこに立たれ、これまでと同じように、サムエルを呼ばれた。『サムエルよ。』サムエルは答えた。『どうぞお話ください。僕は聞いております。」


主はいつもこのように、私たちが主を知らないうちから、私たちのすべてを知り、名を呼んでおられます。

今日もそれぞれの現実の中で、心騒ぐ時もあるでしょう。

しかし、「どうぞお話ください。僕は聞いております」と、静かに耳をすまして聖書を開いてみましょう。

あなたのことを、あなた以上に知っておられる神が、あなたに必要なことを語ってくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、今日も私たちは、大いなるあなたの手の中で生かしていただくことを感謝します。今日も私たち一人一人に呼びかけてくださり、弱さを覚えている者たちにも勇気を与えてください。
2013. 06. 18  
今週は「ほんとうの友」というテーマで一週間を過ごします。

サムエル記上20章に、ダビデとヨナタンの友情を伝える故事があります。

その最後にこういう言葉があります。

42節「ヨナタンは言った。『安らかに行ってくれ。わたしとあなたの間にも、わたしの子孫とあなたの子孫の間にも、主がとこしえにおられる、と御名によって誓い合ったのだから。」

単なる人間的なつながりを超えた、主に結ばれた永遠の絆です。


この絆はまた同時に、祈りの絆でもあります。

わたしたちの信頼に応えてくださる主を信じ、共に心を上げ、共に祈りを合わせる、信仰の絆です。

日曜日にも、高熱を出してお休みした幼いTくんのために、日曜学校の子どもたちが、癒しを求めて祈りを合わせました。

わたしたちも互いに祈りあいましょう。

特に今、すい臓の病で体を弱めておられるK姉のため。Kくんのてんかんの癒しのため。

そして今日は午前10時から、Y姉の目の手術がなされる予定です。



共に祈りましょう。

わたしたちを結んでくださる永遠の主よ。あなたのもとで、老いも若きも心を合わせ、互いを思いあい、あなたに向かって祈りあう幸いを感謝します。どうか今、試練の中にあるわたしたちの友を、どうかお守りください。



プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR