FC2ブログ
2013. 07. 17  
今日からK姉が入院されます。大きな手術を控えています。癒しをお祈りください。

*********
昨日に続き、ヴァンダーウェル牧師の黙想集を手がかりに、御言葉を選びました。

旧約聖書ゼカリヤ書2:12の言葉です。

「・・・あなたたちに触れる者は、わたしの目の瞳に触れる者だ。」

この言葉は、敵国に蹂躙され、大きな困難を経験した旧約の神の民に告げられたものです。

彼らは神を疑い、自分は見捨てられていると、絶望を覚えていました。

しかし、そうではないとゼカリヤは告げました。

神は決して忘れてなどおられない。神が忘れることなどありえない。

神はわたしたちのことを、ご自分の「目の瞳」のように、大切な、守るべきものと思い続けておられるのです。

ヴァンダーウェル牧師も神を疑い、絶望を覚えました。

でも、この言葉に出会い、自分は「神との特別な関係」にあることが分かりました。

それは彼にとって「最も深いところでの安全な経験」だったそうです。



共に祈りましょう。

主よ、あなたが今日も、私たちを大切に扱ってくださっていることを感謝します。大いなる主よ、今日の一日を、平安で満たしてください。

今弱さと不安を覚えている方々を、あなたのもとにある人知を超えた平安へと導いてください。
スポンサーサイト



プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR