FC2ブログ
2019. 10. 18  
次主日はローマ2:1-16を分かち合いますが、ここのポイントとなるのは「裁く」ということです。

裁く、ジャッジする。私たちは、他者の振る舞いを見て、「よい、よくない」とふるいわけることしばしばです。

しかし、そうやって他者をジャッジしているあなた自身が、神によってジャッジされていると、パウロは教えてくれます。

神様からすれば、「何様のつもりだ」ということでしょう。

あなたも同じことをしているではないか・・・、そう問われているのです。


私たちは同じことをしているのでしょうか?

クリスチャンの方は自分が罪人だと言っているけど、この乱れ切った社会にあって、品行方正ないい人たちばかりではないですか。それなのに、毎週毎週、罪の告白をして・・。自分にはまだそれが受け入れられないと、伝えて下さった方がいました。

そう感じるのももっともでしょう。そういう方にとっては、「自分も同じことをしている」とは、まだとても思えないのだと思います。

でも不思議なことに、信仰の理解が増して、人格的にも成熟し、倫理的・道徳的にも高められていくほどに、罪の自覚が深まって、「同じことをしている」と思わざるを得なくなっていく。

それが、キリスト者としての成熟というものであるようです。

それは、誰であれ、真実を見通される永遠の神の裁きの前では、みんな「同じ」ということを悟るからでもあります。

みんな同じです。だれも、その裁きには耐えられない。

しかし、その私たちのために、イエス・キリストという救い主が与えられました。

キリストを信じるなら、ただそれだけで、義とされる。このことも、みんな同じです。そこには何の差別もありません。

これが、福音というものです。


共に祈りましょう。

主よ、どんぐりの背比べのような私たちです。だれかを見下すことで、自分の正しさを確かめようとするような、愚かな心から、私を解放してください。私たちが、みんなで同じ罪を犯してしまうのではなく、成熟の道をいっしょに歩んでいくことができますように。



スポンサーサイト



2019. 10. 17  
次の主日はローマ2:1-16を分かち合います。

その初めはこうです。「だから、すべて人を裁く者よ、弁解の余地はない。あなたは、他人を裁きながら、実は自分自身を罪に定めている。」

「弁解の余地はない」、すなわち、言い訳は立たない。

この言葉は珍しくて、こことローマ1:20の二回しか用いられていません。

1:20は、「・・神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません」とあります。

これは、神に背くような乱れ切った異邦人社会を糾弾する言葉です。

ギリシア人であれ、日本人であれ、聖書の神を知らずに生きている異邦人ですが、たとえ聖書を読まずとも、神についてある程度知り得るほどのことが、この被造世界には示されています。

大自然に圧倒されることで、なんとなく「神々しさ」を覚えて祈ったりするのです。

だから、「神様がいるなんて知らなかったから・・」などとの言い訳は立たない、というのです。

ひるがえって2:1からは、「人を裁く者」たちへの呼びかけです。

それは、神の民と自認しておごっているユダヤ人のことを指すと言われます。

1:20では異邦人たちに言われたように、今度はユダヤ人に対しても「言い訳はできない」と言うのです。

自分のことは棚に上げて、神から遠く離れた愚かな世界よ、滅びてしまえなどと言ってる場合じゃない。

あなた自身が問われているのですよ。

「いや、わたしはずっと神様のことを知っているのだから・・」との言い訳は立たない。

大事なのは、あなたが神の御心に生きるかどうかだと、この後迫られていくのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちそれぞれに、他人を裁きながら、自分を棚に上げているような愚かな者です。主よ、言い訳さえもできないものです。キリストのゆえに、あなたの恵みによって今日もきよめてください。
2019. 10. 16  
次の主日はローマ2:1-16を分かち合います。その前の段落である1:18-32には、人類の罪に対する神様の「怒り」について記されています。

「怒り」というのは、愛情の裏返しであります。

自分にまったく興味のない芸能界のスキャンダルには、あきれはしても、怒りは感じません。

神は、私たちの間違った振る舞いに怒りを覚えられます。それは、関係者だからです。責任があるのです。


私たち人類の罪は、「神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなった」と、1:21にあります。

教会に来たことがなくても、神様のことをまったく知らない人などいないのです。

でも、うすうす知っていながらも、ちゃんと神様と向き合うことから逃げ回っていたり、神様をふさわしくお取り扱いせず、勝手な神々を自分勝手にこしらえて、宗教的欲求を手軽に満たしているのです。

そこでは、神様の下に自分を置くのではなく、自分の下に神を置くという、根源的な倒錯状態があります。

そこがサカサマだから、生き方もサカサマになります。

そうして、24-32節では、サカサマな人間たちの、倫理も道徳もひっくりかえってしまった社会の問題が描かれます。

これは、古代のローマ社会を糾弾する言葉ですが、現代にもそのまま通用します。

そういう社会を見つめながら、「神は、お怒りになってしまわれて、ほったらかしにされているのだと・・」とパウロは悟っていたのです。

24節、26節、28節に、「神が彼らを罪深い思いに、引き渡された」という表現が繰り返されます。

くだらない心のままに、落ちるところまで落ちていけと、ほったらかしておられるということです。

そうして落ちていく人間に、静かな怒りを覚えながら、神はじっと忍耐し、見守っておられます。

それは、放蕩息子の悔い改めをじっと待っている、父親の愛情と、表裏一体です。

落ちるところまで落ちねば、人は、悔い改めることができないからです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの怒りに気付きもせず、あるいはそれを知らないふりをしながら、過ちを重ね続ける私たちの時代を赦してください。まずは、私が、あなたとのサカサマな関係をただすことができますように、聖霊の助けをください。
2019. 10. 10  
次主日はローマ1:16-17を分かち合いますが、鍵になるのは「神の義」という言葉です。

「福音には神の義が啓示されている」と言われています。

これはとても意味領域の広い語で、どうにも翻訳しきれないので、あいまいなまま「義」という言葉で残してあるのだと思います。

聖書に独特の言葉遣いで、だれもが分かっているようで本当はよく分かっていない・・、そういう言葉かもしれません。

パウロはユダヤ人なので、彼の根本的な思想は、旧約聖書の教えに基いています。

旧約聖書の言葉遣いによれば、この「義(=ヘブライ語でツェデク、ツェダカー)」というのは、「救い、慈しみ、まこと」などという言葉と、並行的・同義的に用いられたりします。

例えば、詩編98:2-3「主は“救い”を示し、“恵みの御業”を諸国の民の目に現わし、イスラエルの家に対する“慈しみ”と“まこと”を御心に留められた。」

ここで、「恵みの御業」と訳されているのが「義:ツェダカー」です。

新共同訳では、旧約聖書のほとんど(確か、詩編では全部)で、「恵みの御業」と訳されています。

そういうことから考えて、ローマ1:17の「神の義」とは、ほとんど「神の救い」と言ってもよいと考える人もいます。

「神の慈悲、慈愛」と訳すことを提案する人もいます。

以前に私が試訳したときに、この「神の義」とは「罪に歪んでしまった世界をまっすぐに回復しようとなさる神の責任感」と、試みに定義してみましたのは、そういう理解に基づくものです。


共に祈りましょう。

主よ、福音に啓示されているあなたの義を知ることに比べたら、誰がどうしたこうしたとか、私たちがこの愚かな現実においてこだわっている一切は、実にくだらん、どうでもいいと思えてきました。主よ、あなたのツェダカーを、もっと広く深く教えてください。この魂を、永遠の高みに引き上げてください。
2019. 10. 09  
次の主日はローマ1:16-17です。ローマ書の心臓とも言われるような、重要なところです。

「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。

福音には、神の義が啓示されていますが、それは初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。『正しい者は信仰によって生きる』と書いてあるとおりです。」


わたしは福音を恥としない。

この16節に至るまでのローマ書の冒頭で、パウロは何度も「福音」と繰り返します。

自分は「神の福音のために選び出された」使徒である(1:1)。

「この福音」とは、「聖書の中で預言者を通して約束されたもの」であって、「御子に関すること」すなわちイエス・キリストのことである(1:2-4)。

自分は「御子の福音を宣べ伝えながら神に仕える」ものであり、ローマ教会のあなたがたにもなんとかしてお会いして、それをぜひ分かち合いたい(1:9-15)。

このように、「福音をひとりでも多くの人に届ける」ことが、自分の生れてきた意味であり、使命・役割だと、はっきりと自覚していたのがパウロでした。

14節では、「果たすべき責任」という言葉で言っていますね。

私たちにもそれぞれに、主に対して「果たすべき責任」があるはずです。福音を届けるべき人がいるはずです。


共に祈りましょう。

主よ、わたしは福音を恥じとしないという言葉に、感動します。イエス・キリストを知ることのできた喜びが、わたしの心にもあります。イエス・キリストを知ってほしい、この方において示された限りない神の愛を知ってほしい・・そういう情熱が、わたしの心にもあります。主よ、用いてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR