FC2ブログ
2014. 06. 19  
誓約の第六です。「⑥あなたは、日本キリスト改革派教会の政治と戒規に服し、その純潔と平和のために務めることを約束しますか。」


勝田台教会は「日本キリスト改革派教会」という小さな教派に属しています。

日本のキリスト教というのは、世界中の教派がラインナップされているという極めてユニークなものです。

世界のあちこちからそれぞれに宣教師を送り込んできて、それぞれに教会を建てた結果としてこうなったのです。

その中で、私たち「日本キリスト改革派教会」というのは、色んな面でかなりこだわりをもって、自らの聖書理解を貫こうとする教派です。

その意味でとてもユニークな教派として有名で、学びを深めた末に、「ここにこそ私の求める教会がある」と、決心をもって移ってこられる方も多くいます。

(もちろん、欠点もたくさんありますので、出て行かれる方もいます。)

私個人としては、たまたま最初に行った教会が「改革派」だっただけですが、神様が私にぴったりの教会を与えてくださったと感謝しています。


「賜物にはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ霊です。・・一人一人に“霊”の働きが現れるのは、全体の益となるためです。(Ⅰコリント12:4-7)」

これを教会にあてはめると、こういう風にも言えるでしょうか。

「教派にはいろいろありますが、それを建てられたのは同じ聖霊です。一つ一つの教派を用いて聖霊は働かれ、キリスト教界全体の益としていかれます。」

皆さんが、「改革派」という教派を通して、より豊かにキリストを知ることができたと喜べるなら、それは「全体」のためにとてもうれしいことです。


共に祈りましょう。

神様、日本キリスト改革派教会を豊かに用いてくださり、今日もお働きください。また日本中のあらゆる教派の宣教を通して、あなたのご栄光が表されますように。
スポンサーサイト



2014. 05. 23  
誓約の第六は、教会への忠誠です。

⑥あなたは、日本キリスト改革派教会の政治と戒規に服し、その純潔と平和のために務めることを約束しますか。

教会の政治と戒規・・などと聞くと、構えてしまう方もおられるかもしれませんが、決して特別なことではないのです。

教会は、地上にあらわれた神の国の中心であり、キリストの王国です。

国に政府と憲法があるように、キリストの王国にも役員組織と教会憲法があって、キリストが与えてくださったルールに則って、活動が行われています。これが教会政治です。



教会は、絶対君主であるイエス様によっておさめられています。

「ナルニア物語」の偉大なライオン=アスランは、イエス様をモチーフにしていますが、王の王なるイエス様の頼もしさを、うまく表現していますね。

教会はいつも、どんな時でも、この頼もしい王のゆえに揺らぐことありません。

「主こそ王。威厳を衣とし/力を衣とし、身に帯びられる。世界は固く据えられ、決して揺らぐことはない。(詩篇93:1)」


共に祈りましょう。

教会のかしらなる主、王の王イエスよ。今日もあなたの教会に連なるすべての兄弟姉妹に、求道の友に、慰めと平安を与え、希望を満たしてください。
2014. 05. 08  
誓約の第六は、教会への忠誠です。

⑥あなたは、日本キリスト改革派教会の政治と戒規に服し、その純潔と平和のために務めることを約束しますか。


今日はまず、そもそも「教会」に所属する必要などないのではないか、ということから考えてみましょう。

一人で聖書を読み、キリストにつながり、魂に救いを得る・・それで十分ではないか。

私も元来、一人でいるのが好きな人間ですから、そういう風に考えたくなります。

地上の教会における、人間的交流のまずさが、キリストとの出会いの喜びを殺いでしまうこともしばしばでしょう。

しかし、聖書においてイエス様は、「わたしの教会を建てる(マタイ16:18)」と明言しておられます。

聖書を本当の意味で読むならば、信仰の共同体に生きるということへ、必ず導かれます。

「人が独りでいるのはよくない(創世記2:18)」のです。


共に祈りましょう。

教会のかしらなるイエス・キリストの父なる神よ、私たちは罪深く、互いに愛し合うことの素晴らしさを知りません。どうかそれぞれの孤独な魂を癒してくださって、あなたを共に見上げ、互いを受け入れあう、豊かな信仰共同体を形成させてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR