FC2ブログ
2016. 02. 06  
旧約聖書の最後近く、ゼファニア書には「終わりの時」についてのこういう預言があります。

「その日、人々はエルサレムに向かって言う。「シオンよ、恐れるな/力なく手を垂れるな。

お前の主なる神はお前のただ中におられ/勇士であって勝利を与えられる。主はお前のゆえに喜び楽しみ/愛によってお前を新たにし/お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれる。(ゼファニア3:16-17)」


終わりの日は、救いの完成の日。完全な喜びの時の到来。

その日、主は私たちのただ中で、完全な勝利を与えてくださって、罪人として味わうすべての苦悩と悲惨から解き放ってくださいます。

今、覚えているその悩ましさが、無力感と疲れが、おさえきれない不安が、やりきれない怒りが・・・

すべてが、大いなる喜びの歌に変わる時が約束されています。

大いなる愛に満たされて、すべてが新しくされるとの希望があります。

その喜びに満たされる私をご覧になって、主もまた喜び楽しまれます。主の喜びと、私たちの喜びが完全にひとつになるのです。

このはるかな希望の高みを見つめながら、励まされながら、生きていきたいと思うのです。

日曜日の礼拝というのは、そういう救いの完成の日の喜びの先取りであり、練習といってもいいかもしれません。特に明日は聖餐式があります。終わりの日の祝宴を希望しながら、聖餐に臨ませていただきたいものです。


共に祈りましょう。

すべてのものに始まりを与え、終わりを与えられる、大いなる主よ。私たちの小さな思いを超えて、今日も永遠の希望の光によって照らしてくださって、どんなときも生き続けることを励ましてください。
スポンサーサイト



プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR