FC2ブログ
2018. 07. 28  
来週からはキャンプの奉仕や休暇などで、9月上旬まで配信をお休みいたします。皆さんそれぞれの、御言葉と祈りの日々に祝福が豊かにありますように。

今日は「その時の祈り」より、「年老いて」という祈りです。
*************************

主なる神よ、きょうまで旅路を導いてくださいましたことを感謝します。

この生涯をふりかえるとき、すべてのことが感謝のうちに過ぎたような気がします。

生涯の中で、もう終わりかと思う危機に、幾度か出会いました。

経済的な危機、病気の危機、人間関係の危機など、数え上げればきりがないほどです。

しかしいまそれらをのりこえ、「晩年」といえるこの時期を静かに迎えています。

若い時は余分なものをたくさん身に着けていました。

若さにまかせて乱暴でした。

時間を無駄に使いました。

無理がきかなくなったいま、自分の限界をじっとみつめます。

すべてが弱くなり、力もありません。

神さまは一つずつ余分なものを取り去り、身軽にしてくださっていると心から感謝をささげます。

御旨にしたがい、御旨にゆだね、あるべき姿に自然に帰ることができますように。

ここにきて、いたずらな反逆につきすすむことがないようにしてください。

主にあって。
スポンサーサイト



2018. 07. 21  
ここのところ土曜日は、説教準備に集中して配信を忘れていました。ご容赦ください。

今日は、土曜の朝に際しての私の祈りの言葉をお届けします。

*****************
「土曜の朝に」

天地のつくりぬしなる神さま

礼拝をもって始めた一週間を、お守りのうちに過ごさせてくださいましたことを感謝いたします。

まことに暑さが厳しい一週間でした。教会の仲間たちの健康を心配し、被災者の方々のことを思って胸を痛めてきた一週間でした。

主よ、憐れんでください。まことに私たちは弱い者です。

この肉体も、またこの心も、あまりにもろくて、すぐにこわれ、揺れ動くものです。

今クタクタに疲れている者や、思い煩いを抱えている者のことを憐れんでくださって、平安を与えてください。

そして主よ、今週の私を赦してください。

あなたを信頼しきれない私を赦してください。あなたに従いきれない私を赦してください。


まことにあなたの憐れみと恵みがなければ、ここまで歩んでくることはできませんでした。

今、御前にひざまずき、感謝を申し上げます。

子どもたちも今日より夏休みに入っています。一学期の歩みに与えられた祝福に感謝します。

あなたはすべてを備えて下さる方。

私たちの信仰の歩みにも、また新しい発見が与えられ、御言葉の理解が深まったことを感謝します。


今、一週間の終わりの日に、時の過ぎゆくことがあまりに早いことに驚きます。

この一日を大切に、あなたがくださった一つ一つの恵みの導きを思い巡らしながら、あすに備える日とさせてください。

そして希望に満たされて、あすの日曜を迎えることができますように。

キリストによって。
2018. 06. 02  
土曜日は「その時の祈り」から。明日は聖餐の恵みにあずかりますので、「聖餐の前に」との祈りを。

*****************
主よ、そなえられている「パン」と「ぶどう酒」を感謝いたします。

パンはパンでしかありません。ぶどう酒はぶどう酒です。

しかし、このパンとぶどう酒を媒介として、聖霊が働かれるとき、

パンを通して私たちは、十字架上に裂かれた主イエスの御身体を想います。

ぶどう酒は、主が十字架に流された血潮です。

信仰がなかった日、私たちは主イエスの十字架を知りませんでした。

わけても主が裂かれた肉、流された血について無関心でした。

信仰を与えられたいま、おごそかな思いをもって御前に立ちます。

私たちは少し油断をすると、すぐわき道にそれてしまう弱さをもっています。

福音の中心的なことを忘れ、つけ足しのことに目を奪われてしまいます。

いま、パンとぶどう酒の前に立ち、中心的なものに目を向けさせてください。

信仰のゆがみを、これによって訂正することができますように。

キリストの御名によって祈ります。
2018. 05. 19  
土曜日は、「その時の祈り」から、今日は「ペンテコステに」です。(明日がペンテコステ=聖霊降臨記念日です)

****************
天の神さま

昔、弟子たちがいただいた聖霊を、いま私たちにも与えてください。

弟子たちが、主イエスの昇天のあと意気消沈していたとき

あなたは助け主なる聖霊をおくり、弟子たちひとりびとりの信仰を回復してくださいました。

私たちも大きな壁にぶつかると、意気阻喪してしまいます。

神さまを信じていたというのはみせかけで、じつは信じていなかったのだと

心身ともに落ち込んでしまう場合もあります。

弟子たちから勇気も希望も忍耐も失われていたとき、そこに聖霊が与えられました。

そして立ち上がりました。

弟子たちは、とじこもっていた穴から引きだされました。

そのように、私たちも暗い底から引き上げられたいと思います。

弟子たちが解放されたように、いま、私たちにも解放の恵みを与えてください。

わからなかったことが明らかになり、示され、導かれますように。

今朝、聖霊を与えてください。

主によって祈ります。
2018. 04. 21  
土曜日は「その時の祈り」から、今日は「忙しいときに」という祈りを共にしましょう。

*********************
神さま、忙しい、忙しいといって

いちばん大事にしなければならない礼拝を、おろそかにしてきたことを悔い改めます。

忙しいとは心を亡ぼすことなのに、それに気付かず時が過ぎていってしまいました。

礼拝をまもらず、この世のことに気を奪われていたとき

すべてがうまくいってるようでありながら、どこかが崩れていました。

夫婦の間がうまくいきませんでした。

親子の間がいつかしっくりいかなくなっていました。

いまそれを思い返して、もう一度みまえに立ちます。

どんなに忙しくても、第一になすべきことを第一にするけじめを

忘れることがありませんように。

生活の中の優先順位をきちんと決め

忙しければ忙しいほど礼拝を守り、祈りをささげ、みことばを聞く者とさせてください。

それなしにすべてを順調に運ぼうとするのは、高慢であると知りました。

いま、忙しさから離れ、心静かに神さまを想います。

主にあって。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR