FC2ブログ
2013. 08. 03  
来週から、キャンプの日々と夏休みとで、配信をお休みさせていただきます。

また、9月から再開となります。しばらくの時、それぞれに御言葉と向き合う時間が保たれますように。

特に、今試練の中にある方々が、絶えず主の声に耳をすまして、勇気を得ることができますように。


******
今、1532年のベルン教会会議で表された教理箇条を読んでいます。

そこに、子どもたちへの信仰教育に関する、こういう言葉があります。

「・・・しかし、キリストがまずわれわれ自身の心に浮かび生きることに、あらゆる努力をふり向けるとき、最も実り多いものになろう。その時には、われわれの情熱が、ほどなく子どもたちの感じやすい心を温めることだろう。」

勉強がとても大事であることが前提です。

でも、まず「キリストがわれわれ自身の心に浮かび生きること」がなければ、何も伝わりはしない。



「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。(ガラテヤ2:20)」

こう叫んだパウロほどに、生けるキリストの迫力を覚えたことがあるでしょうか?

主は今も生きておられ、わたしの中に、新しい命を創造しておられます。

どこまでも前を向く希望を、決して悪に負けない魂を、不屈の信仰を、無限の愛を、生み出していてくださいます。

わたしがキリストの中に生き、キリストがわたしの中で生きていてくださる。

この生ける主のリアリティさえあれば、どんな時でも大丈夫です。

明日の聖餐式には、そんな生けるキリストに出会う覚悟で臨んでください。



共に祈りましょう。

愛する主よ、あなたは今日も生きておられ、宇宙のすべてを支配し、このわたしの内にも恐るべき力を働かせていてくださると信じます。あなたと共に今日も生きます。主よ、この心を燃やしてください。
スポンサーサイト



2013. 08. 02  
今日はテモテへの手紙Ⅰの6:17-19の御言葉に聞きましょう。

「この世で富んでいる人々に命じなさい。高慢にならず、不確かな富に望みを置くのではなく、わたしたちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。」

この世で富んでいる人?私のことじゃないな、なんて思わないでください。

聖書の時代から比較すれば、今の時代の人はみんな、有り余るほど富んでいます。

すべてを与えてくださっている神への感謝と、信頼を新たにしましょう。

そして、こう続きます。

「善を行い、良い行いに富み、物惜しみをせず、喜んで分け与えるように。真の命を得るために、未来に備えて自分のために堅固な基礎を築くように。」

自分の富を、喜んで分け与えるという施しの業がすすめられています。

永遠の命を約束された人はそのように、愛に生きていくことへと招かれた人です。

私たちがいかに生きたのかが、神の前で問われる時がきます。

神様は、私たちをほめたがっておられるのですから、ほめられるように生きたいですね。


共に祈りましょう。

主よ、今日もたくさんの富を与えてくださることを感謝します。願わくは、与えられた富を有効に用いて、天に富を積まさせてください。そのために、今日何をなせばいいのか、いつも御心をお示しください。
2013. 08. 01  
恥ずかしい話ですが、私は大変ケチな人間でした。

自分のお金、時間、能力・・・、何であれ、自分のものを他人のために使うということが、嫌でした。

小学校の通知表に、「人のことを手伝ってあげない」とはっきり評価されています。

キリストに出会って、そういう私が変えられたと、妻は言ってくれます。

自分ではあまり変わってないと思うのですが、ただ、そういうケチな自分が嫌いになったという意味では、確かに変えられつつあるのでしょう。

地上に富を積むというのは、自分のために使おうととどめることです。

自分のことだけを考える生き方です。

それに対し、天に富を積むのは、神へと、他者へと開かれていくことです。

その人のスケールは、広く、高く、大きく、深く成長し、永遠の希望に彩られた「豊かさ」を手に入れます。

ルカ12:13-21に記された「愚かな金持ちのたとえ」をぜひ読んでください。

大きな倉に何年分もの蓄えをしながら、その夜に命を取り上げられるという話です。

「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」と言われています。

イエス様がわたしたちに与えてくださるのは、神の前での「豊かさ」です。


共に祈りましょう。

私たちが豊かになるために、十字架に至るまで貧しくなってくださった主イエスの愛に、心から感謝します。今日の私たちの心を押し広げてくださって、真に豊かな生き方へと導いてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR