FC2ブログ
2015. 12. 02  
日本キリスト改革派教会・創立70周年記念宣言の分かち合いをしています。21回目。明後日で終わりです。

第二部:善き生活(命の道)

十、「隣人の家を欲してはならない」

「あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。(マタイ6:24)」

神と共に生きる喜びを失った人間は、その虚しさと喪失感を埋めることができない。

人の魂の飢え渇きを満たすのは、ただ主イエス・キリストの福音のみである。

わたしたちは、わたしたちのためにすべてをささげ尽くされた十字架の主を仰ぎ見て、この方の内に真の幸いを見出そう。

それゆえ、わたしたちは、この世の富に執着する貪欲、他人の幸せへの羨望、すべての悪の根である金銭欲への誘惑から心を守り、福音に生きる道を選び取る。

*********
ここでは、私たちの「欲しがる」心の奥にある「虚しさと喪失感」を正しく見つめようとしています。

買い物依存症というものもあるようですね。モノを買うことで、心のさみしさを埋めようとする。でも、買っても買っても埋まらないから、いつも新しいものが欲しくなる・・。

主イエスの愛で満たされて、欲しがらなくてもよくなるようになりたいなあと願います。


共に祈りましょう。

主よ、自分の持っていないものを欲しがって、それゆえに苦しんでばかりの私たちです。どうか憐れんでくださって、十字架の愛でこの心を満たしてください。今日も一日、福音に生きる喜びが私を貫きますように。
2015. 12. 01  
日本キリスト改革派教会・創立70周年記念宣言の分かち合いをしています。20回目です。

第二部:善き生活(命の道)

九、「隣人に関して偽証してはならない」

「その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。(エフェソ4:29)」

恵みと真理に満ちた主イエスの言葉は、決して罪をあいまいにしない神の正義と、どこまでも罪を赦す神の愛とに貫かれている。

わたしたちもまた、愛に根ざして真理を語り、へりくだって互いの徳を高めあい、神と隣人に対して公明正大に生きていこう。

それゆえ、わたしたちは、陰口や中傷によって人を傷つけ、隣人の名誉と真実を損なう舌の罪を戒める。

*******
ここでも、消極的に「偽証してはならない」というにとどまらず、より積極的に「高めあう言葉を語り合おう」とすすめられています。

うすっぺらな言葉や、とげとげしい言葉があふれて、安く使い回されているようなこの時代に、「神の真実な言葉」を知る私たちが、語るべき言葉があるはずです。


共に祈りましょう。

主よ、嘘に満ち、また傷つけあう私たちを作り変えてくださって、真実な愛の込められた丁寧な言葉によって、互いに高めあうことができますように。神の言葉である聖書からよく学び、生活の中の言葉を整えていくことができますように。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR