FC2ブログ
2016. 09. 14  
「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」とは、レビ記19:2の御言葉です。

レビ記19章においては、この御言葉に続いて、「父母を敬いなさい・・、偶像を仰いではならない・・、隣人を虐げてはならない・・」などの、十戒に要約される神様の教えが示されます。

「聖なる者となる」ということは、そういう神様の教えに生きることです。

ただ、神様の教えに生きようと気張り過ぎてはいけません。

あんまり気張り過ぎてしまいますと、そのように生きることのできない自分を裁いたり、他人を裁いたりしはじめて、魂が不健康になります。

それが、いわゆる律法主義です。(私は個人的には、「戒律主義」という言い方をしています。)

人間がどれだけがんばっても、自力では「聖なる者になる」ことはできないことは、いつも覚えていたいと思います。

「聖」というのは、神様だけにふさわしいことです。人間の努力では、そこにはたどりつけません。

でも、その「聖なるお方」に選んでいただいて、特別に取り分けていただいて(=区別)、神との特別な関係をはじめさせていただくというのが、「聖なる者とされる」ということだと昨日確認しました。

私たちが意識すべきは、「自分は聖なるお方につながっているんだ」ということです。

その特別な関係の意識が深まれば、生活は自然に変わっていきます。変えられていきます。


共に祈りましょう。

主よ、今日も、聖なるあなたが私とつながっていてくださることを、感謝いたします。あなたの御手は見えませんが、私の一歩一歩を、手を引き導いてくださって、「区別された」歩みをなすことができるようにしてください。
2016. 09. 13  
先の日曜日は、Ⅰペトロ1:14-16の御言葉を分かち合いました。

「無知であったころの欲望に引きずられることなく、従順な子となり、召し出してくださった聖なる方にならって、あなたがた自身も生活のすべての面で聖なる者となりなさい。『あなたがたは聖なる者となれ。わたしは聖なる者だからである』と書いてあるからです。」

今週は、特に「聖なる者になりなさい」という言葉に集中しつつ、関連する聖句を分ち合っていきましょう。


この御言葉のルーツは、レビ記にあります。レビ11:45、19:2なども確認していただきたいですが、今日は特に20:26を読みましょう。

「あなたたちはわたしのものとなり、聖なる者となりなさい。主なるわたしは聖なる者だからである。わたしはあなたたちをわたしのものとするため諸国の民から区別したのである。」

ここに「区別した」という言葉が出てきます。

「聖」であるとは、元来は「区別されている」という言葉であって、それは神様の御存在にかかわることです。

神様は、この地上のなにものとも異なる創造者、全能者、超越者で、「区別された」お方です。

だから、わたしたちと聖なる神様のあいだには、深い断絶があります。近づくことのゆるされないはずのお方です。

しかし、その神様の方から、「どの民よりも貧弱な(申命記6:7)」者たちを選んでくださって、「ご自分のもの=宝もの」として「区別して」くださいました。

わたしたちは誰もそのようにして、ただ神様からの不思議な選びによって、聖なる神様との特別な関係へと取り分けられていくのです。


共に祈りましょう。

大いなる主よ、最もきよく、最も正しく、尊厳と栄光に満ちたお方。そのあなたに親しく呼びかけることが赦されたわたしたちは、一体なにものなのでしょう。今日の一日に、あなたとの特別な関係へと「区別された」ことの喜びを、深く高く味わわせてください。
2016. 09. 10  
明日の日曜日には、Ⅰペトロの解き明かしを再開します。礼拝から離れておられる方々も、ぜひ明日、いっしょに御言葉に耳を傾けましょう。

今週は、復習のためにⅠペトロ1章を振り返ってきました。今日は最後、13節を読んで明日に備えます。

「だから、いつでも心を引き締め、身を慎んで、イエス・キリストが現れるときに与えられる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。」


「心を引き締めよ」とは、信仰を揺さぶってくる悪魔と戦う備えをせよということです。

「身を慎め」とは「酔っぱらっていてはいけない」という言葉です。

思うようにいかない現実に失望し、やけ酒をあおりたくなる時もあるでしょう。

ただひたすら飲んで飲んで、酔っぱらって、現実を忘れてしまいたくなるような、そんな閉塞感が、無力感が、絶望感が心を満たす時があるかもしれない。

けれども、どんな時も、決して自暴自棄になってはいけないのです。

必ず栄光の主が来られます。その時は、毎日確実に近づいているのです。

昨日より今日、今日より明日と、確実に近づいてきているのです。

キリストは完全な救いをたずさえて、私たちに会いに来てくださるのです。

一歩一歩、主は近づいてきてくださっています。

だから、今日という一日も、心の帯を引き締め、身を慎み、ひたすらイエス様を待ち望み、上を向いて歩いていきたいのです。


共に祈りましょう。

主よ、我らは信じます。やがて天が開き、栄光の主が来られ、この地上からすべての涙をぬぐってくださる時が来ることを。この希望をもって、絶望と戦うことができますように。

2016. 09. 09  
Ⅰペトロ1章の御言葉を、順番にふりかえっています。今日は1:8-9です。

「あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています。それは、あなたがたが信仰の実りとして魂の救いを受けているからです。」


「言葉では言い尽くせない喜び」というのは、すごい表現ですね。最後の最後の禁じ手のような表現です。

考えてみますと聖書というのは、言葉を尽くして書かれたラブレターのようなものです。でも、地上のあらゆる言葉を駆使しても、なお表現することができない・・・

救いの喜びというのは、そういうものでしょう。

私自身も、たくさんの方と語らってきた中で、主イエスがその方の魂に触れて下さる瞬間に立ち会わせていただいて、「言葉に言い尽くせない」思いを味わわせていただいてきました。

「生きていてよかった」と涙を流された方もいました。

私は神の子にしていただいたのですねと、声を震わせていた方もいました。

もうそれ以上何も言えないし、何も言わなくてもいいと思いました。

そこにはただ、神の愛が満ちるのです。


共に祈りましょう。

主よ、見たこともないのに、見ることもできないのに、今、キリストを愛する思いが与えられていることの不思議を思います。そして、この思いが与えられたことを感謝します。今日も、キリストの十字架をよりどころに、確かな歩みをなすことができますように。
2016. 09. 08  
Ⅰペトロ1章の御言葉を順番に読んでいます。今日は6,7節です。

「それゆえ、あなたがたは、心から喜んでいるのです。今しばらくの間、いろいろな試練に悩まねばならないかもしれませんが、あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され、火で精錬されながらも朽ちるほかない金よりはるかに尊くて、イエス・キリストが現れるときには、称賛と光栄と誉れとをもたらすのです。」

金の値打ちは、その品質の純粋さによって保証されていますね。

灼熱の炎で精錬されることによって不純物が取り除かれ、宝としての純金となります。

それと同じように、私たちの信仰も、たくさんの試練の炎をくぐっていくなかで純度を増していくのです。


試練の炎・・・言うのは簡単ですが、実際に苦難に直面するときには、私たちは情けないほどにうろたえてしまうものですね。

だから、できることなら試練は与えられたくないと願います。

「我に艱難辛苦を与えたまえ」とは日蓮上人の祈りですが、そのような祈りをなす必要はないと思います。

艱難辛苦など、無いほうがいい。でも、「今しばらくの間」、私たちは「いろいろな試練に悩まねばならないかもしれない」。

それは、わたしたちの信仰が練り清められ、つきぬけていくためです。

与えられる試練には、いつでもそういう目的が込められています。このことは、私たちの希望として覚えていたいことです。

そうして純度を増した信仰は、純金よりもはるかに尊い、永遠に朽ちることない私たちの財産となるのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日あなたが私たちに試練をお与えになるならば、それを受けいれ、絶望してしまうことのないたくましさを、私たちにお与えください。そして、あなたが用意されている解決の道を、信仰と希望をもって見出すことができますように、聖霊の導きをお与えください。
2016. 09. 07  
次の日曜日は、久しぶりにⅠペトロの講解を再開します。その準備として、Ⅰペトロ1章の御言葉をふりかえっています。

1:3-5「わたしたちの主イエス・キリストの父である神がほめたたえられますように。神は豊かな憐みにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、また、あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました。あなたがたは、終わりの時に現されるように準備されている救いを受けるために、神の力により、信仰によって守られています。」


地上で与えられた人生は失われていきます。

肉体はしぼんでいきます。朽ちていきます。でも、それがわたしたちのすべてではないのです。

天にたくわえられているものがあるのです。

神様が、私たちのために用意してくださっている、永遠に朽ちることない、しぼむことない、汚れることのない財産が天の国にはあるのです。

その天の喜びの光の中にいる私こそが、本当の私です。


このように信じることは、地上の人生をほったらかす無責任な生き方に通じるでしょうか?もしそうだとしたら、それは教えの誤解です。

むしろ、この御言葉は私たちに、人生に取り組んでいくための、謙遜と希望とを与えてくれるものです。

自分の手で触れることができる現実など、しょせんはすべて朽ち果てていくむなしいものだと知る人は、謙遜にならざるをえません。

しかし同時に、天には朽ちない財産があると知っているからこそ、むなしさに呑み込まれてしまうこともありません。

私たちが、神とともに真摯に歩んでいくこの人生は、永遠の天の喜びに必ず通じます。

クリスチャンとは、そんな具合に希望をもって、人生に誠実に取り組む人のことです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたが用意してくださっている天のあふれる財産を仰ぎ見ながら、今日も一生懸命生きていきたいと思います。主よ、私たちの心を励まし続けてください。
2016. 09. 06  
「日々の御言葉」の配信を再開します。2012年9月に開始され、5年目に入ります。

今週は、次の日曜日の礼拝に備えて、Ⅰペトロ1章の御言葉を順番にふりかえってみましょう。

Ⅰペトロ1:1-2「イエス・キリストの使徒ペトロから、ポントス、ガラテヤ、カパドキア、アジア、ビティニアの各地に離散して仮住まいをしている選ばれた人たちへ。あなたがたは、父である神があらかじめ立てられたご計画に基づいて、“霊”によって聖なる者とされ、イエス・キリストに従い、また、その血を注ぎかけていただくために選ばれたのです。恵みと平和が、あなたがたにますます豊かに与えられるように。」


ここでは特に「選ばれた人たち」と言われていることに目をとめましょう。

私たちは、キリストの血の注ぎによって「聖なる者」とされるために、「選ばれた」のです。取り分けられたと言ってもいいでしょう。

それは、プロジェクトチームの一員として選ばれたというイメージです。

日本のクリスチャンは少ないというのは、みんな知っていることです。家族の中で一人、学校で一人、職場で一人・・。そういう環境で、心細い思いをされている方もいるかもしれない。

でも考え方を変える必要があると思います。

私たちはむしろ、それぞれの場所にあって、一人だけ特別な使命に選ばれた、神の希望の広告塔なのです。祝福の源なのです。

「聖なる者」として取り分けられるというのはそういうことです。

人間世界を暗闇から驚くべき光の中へと招こうとされる主イエスの福音の力を広く伝える(Ⅰペトロ2:9)という、特別なプロジェクトのために、選ばれたということです。

まだ信仰告白しておられない方も、そういう意識をもってみてください。


共に祈りましょう。

主よ、あなたによって選んでいただいたことで、人とは違う人生が始まりました。その特別さにためらい、肩身をせまくしてしまうような私たちですが、あなたに選ばれたことの喜びをも覚えます。主よ、今日の日に、あなたに選ばれたことの意味を、もっと深く悟ることができますように。
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR