FC2ブログ
2017. 09. 08  
日曜日に与えられたⅡペトロ2:1-10の御言葉を改めて思い返しています。真理の道から迷い出させる偽教師たちに気をつけなさいとの警告でした。

この偽教師たちは「自分を贖ってくださった主を拒否しました(1節)」と言われていました。

「贖う」とは、「買い取る」ということで、キリスト教において大事な言葉です。

聖書の時代にあっては、こういう言葉が日常的に、奴隷の売買で用いられていました。戦争によって敗れた民族が奴隷となって、奴隷市場に並ぶのです。

そんな風に私たち人間は、奴隷の状態にあると聖書は教えます。「罪」という主人に縛られた奴隷であると。

この「罪」の家にいるあいだは、罪の家の習わしに従って生きる。しかし、そこから神によって買い取られ、神の家の奴隷となる。いや、神の家の子とされる。これが救いということです。

Ⅰペトロ1:18には「あなたがたは先祖伝来のむなしい生活から贖われた」ともあります。

罪の家の奴隷として生きるのは、「むなしい生活」です。

どこまで行っても満たされない、何かが足りない、さみしいと思いながら、どうしたらいいか分からないで、心の隙間を埋めるようにして目の前にある快楽に飛びついていく。

でもやればやるほど、ますますむなしさが募っていく。行き着くところは永遠の滅び・・。そういう生活です。

でも神は、私たちがそういう風に生きているのを御覧になって、いてもたってもいられずに、買い取ろうとしてくださったのです。

君はそんな風に生きていていい存在ではない。そんなに安い存在ではない。

私の家の子として、命に通じる真理の道を歩みなさい、と。

善き生活、それは魂が喜ぶ生活です。神の家には、そういう生活を送る文化がある。

あなたにはそういう生活をしてほしい・・そう願ってくださって、買い取ってくださる。これが「贖い」ということです。


共に祈りましょう。

主よ、イエス・キリストの尊い命と引き換えに、あなたによって買い取っていただいたこの魂・・。あなたによって与えていただいた私自身の値打ちを、私が、本当に私のものとすることができますように。聖化の導きを与えて下さい。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年9月9日 カルヴァンの祈り29
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR