FC2ブログ
2017. 09. 19  
先の日曜日、Ⅱペトロ3:1-7の御言葉を分かち合いました。そこには「火による裁き」という言葉があります。

この地上世界、時間空間に、神が終わりを来らせたまう時がきます。それは、今日かもしれない。

その時は、主イエス・キリストが「燃え盛る火の中」を来られて、「神を認めない者や、わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者に、罰をお与えになる」時でもあると、示されています(Ⅱテサロニケ1:8)。



こういう御言葉は、あまり好んで読みたくないものですし、キリスト教信仰に対するつまずきを与えてしまうかもしれません。

私自身、よく分からなかった頃は、非常に抵抗感や違和感を感じていて、「見なかったことにしておこう・・」というような気持ちで接していました。

でも、こういう言葉というのは元来、まだ神を知らない人たちに向けて告げられた裁きの宣告ではなくて、「あらゆる迫害と苦難の中で(Ⅱテサ1:4)」信仰の戦いを戦い続けている信仰者に向けて与えられた、励ましの言葉です。

そうやって誠実にあゆもうと努めるキリスト者たちに、「主が必ず勝利される」と告げているのです。

必ず、悪しき者を裁かれる。あなたがたを苦しめる、すべての罪の勢力が火で滅ぼされる。

そういう勝利の約束です。だから、「火による裁き」の預言は、福音なのです。



聖書の言葉はいつもそのようにして、キリストと共に歩んで、神の国の実現のために働くすべての者たちを、励まし、導くために与えられています。

やがて、終わりの時が本当に到来した時、わたしたちにはすべてが明らかにされ、「ああ、主と共に歩んできてよかった・・」と永遠の喜びに包まれるでしょう。

「かの日、主が来られるとき、主はご自分の聖なる者たちの間であがめられ、また、すべて信じる者たちの間でほめたたえられるのです。(Ⅱテサ1:10)」



共に祈りましょう。

主よ、すべてのものに始まりを与え、終わりを与えられるあなたの大いなる御名を賛美します。あなたが約束してくださった、主イエスの最終的な勝利の福音によって、今日、それぞれの信仰の戦いに向かう私たちひとりひとりを励ましてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年9月20日 詩編131篇
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR