FC2ブログ
2017. 09. 29  
昨日読んでいた文書に、こんな御言葉が紹介されていました。

旧約聖書コヘレトの言葉5:7「貧しい人が虐げられていることや、不正な裁き、正義の欠如などがこの国にあるのを見ても、驚くな。なぜなら、身分の高い者が、身分の高い者をかばい、さらに身分の高い者が両者をかばうのだから。」

古代から今に至るまで、人の世は同じなのですね。

今、2017年9月29日、唐突な衆議院の解散がなされ、様々な思惑がうごめいている様子を、私たちは眺めさせられています。

国民無視の、ただ政治家たちの野心による茶番だと、批判もされているようです。

残念なことに、政治的な腐敗や危機的状況というのは、今に始まったことではありません。

だから「この国にあるのを見ても、驚くな」と、古の信仰の賢者が教えてくれます。

いちいち怒ったり、嘆いたりしても仕方ありません。そうではなく、私たちは信じることができます。

この世の為政者がどのように振る舞おうと、真の王であるイエス・キリストが、いつもその上におられると、信じることができます。

そして、やがてその平和の王が、この地に完全な支配をもたらしてくださって、おごる者を低め、砕かれた者を高めてくださると。

「主は諸侯を無に等しいものとし、地を治める者をうつろなものにされる。(イザヤ40:23)」


それゆえ、キリストの教会は、目前の社会不安や不正・腐敗に対して“真剣”に取り組まねばならないが、“深刻”になる必要はないと、その文書には書かれていました。

私の個人的政治観からすれば、どっちに転んでもうまくないなあと思っている現状ですが、王の王なるキリストを希望として過ごしていきたいと思っています。


共に祈りましょう。

主よ、いつも変わることなく罪深い人の世が、滅びを望まぬあなたの忍耐によって愛され、支えられていることを覚えています。主よ、あなたの王国を来らせてください。私たちの心が、あなたの御心に沿うように、作り変えられていきますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年9月30日 土曜の朝の祈り
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR