FC2ブログ
2017. 10. 05  
教会員の方のリクエストによって、今日からしばらく「主の祈り」を解説します。

キリストの教えにまったく不慣れな求道の友を、できるだけ意識して書きます。

ひとつ、良い本を紹介いたします。今年6月に出版された「朝夕に祈る 主の祈り ‐30日間のリトリート‐」という本です。

友人の大嶋重徳牧師が書かれました。いのちのことば社から、1080円でお求めやすくなっています。

30日をかけて、朝と夕ごとに、「主の祈り」を祈っていくという生活を導くガイドブックになっています。

キリスト教とはこういうものかと、神様とはこういう方かと、祈りということを手掛かりにして理解していただくこともできると思います。

そういうわけで、ぜひご購入下さい。Amazonでは残り7点みたいです。www.amazon.co.jp/o/ASIN/4264036003/inthebath-22


今日は、日本聖公会とカトリック教会で2000年から用いている、共通口語訳の「主の祈り」をともに祈りましょう。

文語調に比べると、子どもたちにも理解しやすくなっていますね。


 天におられるわたしたちの父よ、

 み名が聖とされますように。

 み国が来ますように。

 みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。

 わたしたちの日ごとの糧を今日も お与えください。

 わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。

 わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。

 国と力と栄光は、永遠にあなたのものです。

 アーメン

スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年10月6日 主の祈り②
NEW Topics
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
2020年7月1日 してはならないこと
2020年6月28日 役に立たない
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR