FC2ブログ
2017. 10. 28  
昨日の朝、Y姉が天に召されました。安らかな最後でした。主の憐れみでした。

今日はそのことを心に覚えながら、「その時の祈り」より「臨終のときに」という祈りを共に祈りましょう。
**************

主よ、すべての人は、いつか必ず死を迎えます。

いま私たちは愛する者を失いました。

ついこの間まで元気であった者が、急に息をとめ、なきがらとなって、私たちの目の前にあります。

事柄の不思議さにおどろき、その意味するところの深さに、なすすべもありません。

たえがたい悲しみが私たちを包みます。

主の御旨がどこにあるのか、それすらさだかではありません。

しかし主よ、私たちは主に召された者が、生前、主の御救いに入れられ、

感謝してみまえに歩いていた日々のことを思い出します。

その生涯は、苦しみと悲しみだけではありませんでした。

多くの人に敬愛され、親しまれ、尊敬を受けていました。

それを思い出して慰めにみたされます。

力いっぱい生き抜いた愛する者の生きかたに習い、私たちもまた死を迎える日まで、

与えられた日々を大切に生きることができますように。

御栄光をあらわす生涯を、私たちにも送らせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年10月31日 主の祈り⑪ 我らの糧を
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR