FC2ブログ
2017. 11. 15  
「主の祈り」の「我らの罪を赦してください。我らも自分に罪を犯した者を赦します」という祈りに、考えさせられています。

思い出す聖句があります。ルカ6:37から「人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。」

「裁くな」、また「罪人だと決めるな」と言われています。

これは、あいつには永遠の滅びが値するなどと、あなたが決めようとするなということであろうと私は解釈します。

最終的な判断を下そうとするな、ということです。

それは一方では、そんなことまでする資格はあなたにはないという、お叱りの言葉でありましょう。

でも他方でそれは、あなたがそんなことまで背負わなくてよいのだ、考えなくてよいのだという、主のもっとも深いところでの憐れみを覚えさせられます。

あなたは、復讐の炎に飲み込まれてはならない、と。

私たちは、だれかを滅ぼそうとするならば、自分もまた滅びの道を行くよりないものです。

神の道をはずれ、御心から遠く離れて、醜い化け物のように、顔も心も変わっていってしまう。

イエス様は、それを望んでおられません。


共に祈りましょう。

主よ、今日私たちに、悪しき力が臨み、傷つけられることのないように、どうかお守りください。私たちが、誰かを憎むことなく暮らせるように、どうか平和をお与えください。もしもそのようなことが今日与えられても、その時に、どうか、憎しみの炎を制御することができる強さを、私たちに与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年11月16日 終わりの時を希望に生きる
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR