FC2ブログ
2017. 11. 21  
「主の祈り」の学びも終わりが近づいてきました。「我らをこころみにあわせず、悪より救い出したまえ」。

これは、「わたしたちを誘惑にあわせず、悪い者から救ってください」という祈りです。

「誘惑」と聞きますと、お金の誘惑、美女の誘惑、甘いケーキの誘惑・・・そういう具合に、わたしたちを堕落へと誘い込む甘い罠というイメージがあると思います。

ここで使われているギリシャ語は、ペイラスモスという言葉で、ほかのギリシャ文学ではほとんど用いられない聖書の専門用語であると言われます。

それはすなわち、ギリシア思想と比較したキリスト教信仰の特徴的な思想がここに見出せるとも言えるわけです。

そういうペイラスモスという言葉は、新共同訳では「誘惑」と同時に「試練」とも訳されています。

その場合、私たちの魂を動揺させるような災いや苦難、迫害のことをも含みます。

例えば、ルカ8:13、有名な種まきのたとえ、「石地のものとは、御言葉を聞くと喜んで受け入れるが、根がないので、しばらくは信じても、試練にあうと身を引いてしまう人たちのことである。」

また、Ⅰペトロ4:12「愛する人たち、あなたがたを試みるために身に降りかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。」

こんな具合に、ペイラスモスという言葉は、甘い誘惑であると同時に、厳しい試練でもあります。

そのようなペイラスモスによって、悪魔に揺さぶられてしまうことがありませんようにと祈るのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの信仰は実にガラスのようにもろいものです。自分でも、この弱さがいやになります。主よ、私たちが耐えられないペイラスモスにあわせず、それに打ち勝つ力を今日も与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年11月22日 主の祈り⑳ 弱いからこそ
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR