FC2ブログ
2017. 12. 02  
昨日に続いて「アーメン」という祈りを覚えて、「主の祈り」の学びをおしまいにしましょう。

「アーメン」とは、「まことにその通りです」という感じの言葉です。

それを祈りの最後につけることで、「たしかにこれは私の祈りです」と確認し、神様に「だから、受け取ってください」と差し出すのです。

同時に、「アーメン」と唱えるときに私たちが心に思うのは、「たしかに、神はこの祈りを聞いておられる」という確認です。


ハイデルベルク信仰問答の129問に、「アーメン」の解説があり、このように言われます。

「アーメン」とは、それが真実であり確実である、ということです。

なぜなら、これらのことを神に願い求めていると、

わたしが心の中で感じているよりもはるかに確実に、わたしの祈りはこの方に聞かれているからです。


思い出すのは、イザヤ65:24の御言葉です。

「彼らが呼びかけるより先に、わたしは答え、まだ語りかけている間に、聞き届ける。」

私たちが祈る前から、私たちの祈りを全部知っていてくださる神様です。

私たちには、自分の周辺のことばかりの貧しい祈りしかできませんが、そういう小さい思いをこえて、私たちが祈っていなかったようなことまで考えていてくださる神様です。


そういう神様に、確実にこの祈りは聞かれている。

そういう確認をもって、「アーメン」と言うのです。


共に祈りましょう。

主よ、今週の歩みも今日までたくさんの恵みをありがとうございます。すべての祈りを聞いていてくださるあなたに信頼します。アーメン主よ、あなたは生きておられます。

※ 今日は子どもたちのクリスマス会があります。お祈りください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月5日 神が王となられた
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR