FC2ブログ
2017. 12. 12  
今、アメリカのトランプ大統領が、エルサレムをイスラエル国の首都と認定したために、大変な状況になっています。

この問題は、私も不勉強なこと多く、一言でまとめることなどできません。

今の「イスラエル」という国は、第二次大戦後に建国されました。

「よそ者」として世界中に散らばっていたユダヤ人が、失ってしまった自分たちの国を回復しようと、約束の地カナンに再び戻ったのです。

しかし、その地には、すでにアラブ人の国がありました。でも、それを追い出すようにして、イスラエル国は誕生しました。

今も継続しているパレスチナとの戦争の歴史は、その時から始まる悲しみです。

今回のエルサレム首都認定問題は、そのような微妙な均衡を無視して、過度にイスラエル国に肩入れする主張だと、各国から非難がされています。


聖書の舞台になっているのは、そういう混乱と争いの場所です。

そして、エルサレム、またカナンの地というのは、大国の利害関係に翻弄されて、古代からずっと戦争の絶えない場所でした。

そういうところに、救い主イエスはお生まれになりました。

敵を愛していたらこちらが殺されるような場所で、イエス・キリストは、それでも「敵を愛せ」と語られたのです。平和を造りだす者は幸いであると語られたのです。

「ひとりのみどりごがわたしたちのために生れた。
ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と唱えられる。
ダビデの王座とその王国に権威は増し、平和は絶えることがない。(イザヤ9:5-6)」


共に祈りましょう。

主よ、世界は今、様々な場所で憎しみが連動し、緊張が高まっています。主よ、平和の君よ、わたしたちの心を造り変えてください。私たち一人ひとりの生活にも、どうか平安を満たしてください。ささくれだった心をいやしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月13日 インマヌエル預言
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR