FC2ブログ
2017. 12. 15  
すみません、今日は寝坊してしまいました。

強い指導者を求めて、王政を導入したイスラエルでしたが、最終的には、王は権力におぼれ、国を滅ぼすことになりました。

エゼキエル書34章には、そういう腐敗した王様のことが、「ダメな牧者」にたとえられています。

こういう箇所を読むと、私たちの時代の政治的指導者のこと、あるいはもっと狭く、だらしない私のような教会の牧師のことなど、さまざまに考えさせられることがあります。

みなさんそれぞれで思いめぐらしてみてください。

「・・・災いだ、自分自身を養うイスラエルの牧者たちは。・・・お前たちは弱いものを強めず、病めるものをいやさず、傷ついたものを包んでやらなかった。また、追われたものを連れ戻さず、失われたものを探し求めず、かえって力ずくで、苛酷に群れを支配した。

・・・まことに、わたしの群れは、略奪にさらされ、わたしの群れは牧者がいないため、あらゆる野の獣のえじきになろうとしているのに、わたしの牧者たちは群れを探しもしない。牧者は群れを養わず、自分自身を養っている。

それゆえ牧者たちよ、主の言葉を聞け。主なる神はこう言われる。見よ、わたしは牧者たちに立ち向かう。

・・・見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。」


イスラエルは、このようにして神自らが、「よき牧者=王」として君臨してくださるのを待ち望みました。

そして、思い出してください。主イエスが、ザアカイを救ってくださった時の言葉を。

「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。(ルカ19:10)」


共に祈りましょう。

主よ、わたしたちは羊の群れ、それぞれの方角に向かって、勝手に歩み、破滅へと向かってしまう愚かな羊たち・・。主よ、よき羊飼いイエス・キリストのもとにとどまらせてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月16日 アドベントの祈り
NEW Topics
2020年1月17日 創世記2:7「生きる者となる」
2020年1月16日 ルカ2:19「心に納める」
2020年1月15日 創世記2:7「命を与えてくださった」
2020年1月14日 創世記2:7「塵にすぎない」
2020年1月10日 創世記2:18
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR