FC2ブログ
2017. 12. 16  
辻宣道先生の「その時の祈り」から、「アドベントを迎えて」という祈りを紹介します。

********
キリストをこの世にお送りくださった神さま

一年が終わりに近づくこの季節に、アドベントを迎えるさいわいを思います。

これは年末の風物詩ではなく、神さまからの呼びかけです。

いまこのとき、再び「来る」と約束して、天に昇られたイエス・キリストを、心から「待つ」信仰に私たちを導いてください。

かつてベツレヘムの闇の中に、光としておいでになった神の子の事実は

再び光として来るキリストを、胸おどらせて待つ思いにさせます。

世の中は矛盾だらけです。解決はすべて先送りの状態です。

イエス・キリストが再びおいでになって、すべてを解決してくださるまで、決着はつきません。

旧約以来のメシア待望に応えてくださった神さま

あなたは「アアメン主イエスよ来りませ」という信仰に必ず応えてくださるかたです

クリスマスを待つ心と、終末を待つ心が重なって

この時を、最高に霊的な時として過ごせますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月20日 神はその独り子を
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR