FC2ブログ
2017. 12. 22  
メシアを待ち望むという信仰を確認しながら、アドベントを過ごしてきました。いよいよ明後日はクリスマス記念礼拝です。

日曜日にはルカ2:1-7から、主イエスがベツレヘムでお生まれになったことの意味を分かち合う予定です。

その前に、そのことを預言している旧約聖書ミカ書5:1を確認しておきましょう。

「エフラタのベツレヘムよ、お前はユダの氏族の中でいと小さき者。

お前の中から、わたしのためにイスラエルを治める者が出る。彼の出生は古く、永遠の昔にさかのぼる。」

ベツレヘム・・・それは、エルサレム近郊の小さな寒村でした。

そのような場所が、聖書の世界では大切に記憶されています。なぜなら、そこは偉大なダビデ王の故郷だから(サムエル記上17:12)。

そして、そのようなところだからこそ、やがて来るメシアもそこから登場すると、人々は待ち望みました。

「彼の出生は古く、永遠の昔にさかのぼる」と新共同訳は翻訳します。

これは、生まれてくる方が、永遠の神の世界から来られるということを示しています。

あるいは、新改訳2017では、「その出現は昔から、永遠の昔から定まっている」と翻訳します。

いずれにしろ、ベツレヘムにおけるメシアの誕生は、神が永遠のご計画に基づいて実行される、人知を超えた救いのドラマであるということです。


共に祈りましょう。

主よ、永遠の神であるあなたが、人となって生まれてきてくださったこと、その喜びをいよいよ豊かに、私たちのうちに満たしてください。今日も小さな場所で、小さな人生を営むひとりひとりを、永遠の光で照らしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月23日 クリスマスを迎えて
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR