FC2ブログ
2017. 12. 28  
今日は午前中に、長老任職準備会がございます。候補に立てられた兄弟の学びと備えのためにお祈りください。教会員の一致した祈りが必要です。

新しい長老、また執事の候補者が備えられたことは、今年私たちの教会に与えられた最大の祝福と言っても過言ではないと思います。

それぞれに主からの召しに応答して、恐る恐ると、でもほほ笑みながら、新しい歩みに踏み出そうとしておられます。

改めて思いますのは、主は本当に、一人一人の個性を生かして、教会を建て上げていかれるということです。

イエス様の12弟子がそれぞれ個性豊かであったように、私たちの教会の長老・執事も個性豊かです。

それぞれに得意なこともあれば、苦手なこともあります。

Ⅰコリント12章に示された、キリストの体のたとえを思い出します。それぞれの部分が、それぞれの役割を担って、体を形成していきます。

成長させてくださる聖霊の導きは多様で色鮮やかです。理想のモデルはひとつだけじゃありません。

自分にはどういう役割が与えられているだろうか・・と、役員だけでなく、みんなで考えたいことです。


また、賜物というのは、与えられる量がそれぞれに違うということも、健全に自覚しておきたいものです。

マタイ25章のタラントンのたとえにありますように、5タラントン預かる者もいれば、1タラントンだけ預かる者もいる。

そこには差があるのです。それは、優劣ではなく、神様から与えられている役割の違いです。

預けられている能力が違うから、仕事の量や成果においても、違いが生じるのは当然です。でも、そこに優劣を見出すべきではない。

大事なのは、その人が、主に忠実であったかどうかだけです。

タラントンのたとえでも、主人は僕たちの生み出した成果の大きさの違いなど、少しも目を留めていません。

自分に与えられた能力の分をわきまえて、最大限に用いられるように、なまけずに仕えていく。

そうすれば、「忠実な良い僕だ」と主はほめてくださいます。そして、天に約束されているものは、あまりに豊かです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちの教会に多様な賜物をもった長老・執事を与えてくださっていることに、あなたの教会への愛を強く覚えます。本当にありがとうございます。今、3人の方々が任職に向けて準備しておられます。主よ、どうか助けてくださって、あなたに忠実な心を備えてください。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年12月29日 罪を知る
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR