FC2ブログ
2018. 01. 13  
土曜日は祈りの言葉を紹介しておりますが、今週はすこし趣向を変えて。

今週読みました本の中で、ある有名な説教者の言葉がありました。その先生は、神を求めておられる求道の友に、いつも最初に申し上げることがあると言います。

それは、まず祈ってくださいということです。

神様にお祈りをなさるようにと、強く勧めるそうです。

信仰というのは、神様が与えてくださるものですから、神様とその方との関係の中でしか決して成立しないものです。

牧師には、究極のところ、なすすべがないのです。だから、まず何よりも、神様に祈ってください。祈らなければ、何も始まりません。

そう申し上げると、返ってくる応答は、「どうやって祈ったらいいか分かりません」

あるいは、「まだ信じているかどうかも自分で分からないのに、祈れません」、という答えだったりします。

ならば、その心のままで、神様の御前にお出になったらいいのです。

神様、あなたを信じていいのかどうか、まだ分かりません・・、どうしたらいいのですか・・と祈ったらいいのです。

神様、あなたを信じてもいない私が、こんなことを祈っていいのかどうかも分かりませんが、苦しいのです・・、悩んでいるのです・・と打ち明けたらいいのです。

私はこの先、どのように生きていけばいいのですか、死んでいけばいいのですか・・。

神よ、私にあなたを信じさせてください。あの教会の方々が言う、信仰の喜びというものを、私にも教えてください・・。

そんな風に神の御前で、ひざまずいて、無力な手を組んで祈ってみるとき、何かが音を立てて始まるのです。


「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。(フィリピ4:6-7)」

皆さんの上に、聖霊による祈りの泉への導きと祝福が、豊かにありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年1月16日 「悔い改める」
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR