FC2ブログ
2018. 01. 17  
昨晩は遅くまで、OCC神学研究会でした。私が研究を発表し、田中剛二先生の説教について分かち合い、力ある説教とはどういうものかと、みんなで本当に熱く語り合いました。

それで・・・今日は寝坊してしまいました。すみません。

田中先生の説教というのは、聖書の言葉をそのままに語るということを理想としました。

私の説教とはちがって、自分のことは決して語らない。時代を映し出すような例話も入れない。

人間の言葉をできる限り排除し、聖書の解説に徹して、そのままに取り次ぐ。

そして、自分を無として、透明な器となることを願いました。

私は、その方法論がベストとは思っていません。田中先生とは違う神学的確信をもって、私は私のこだわりを貫きます。

でも、彼からとても大切なことを学ばせていただきました。

「神への畏敬の姿勢」と、「神の言葉への絶対的な信頼」です。


田中先生は、神を心から畏れ敬ったからこそ、自分の罪深い存在が邪魔しないようにと願いました。

「わたしは汚れた唇のもの・・」と恐れた、預言者イザヤのように。

そして田中先生は、神の言葉を信頼しました。人間が余計な言葉を足さなくても、聖書の言葉がそのまま取り次がれれば、それだけで救いが起こる。奇跡が起こると信じていました。

神の言葉は、むなしく終わることはない。それは語られれば、必ず神の望むことを成し遂げ、使命を果たすという、イザヤ55:11の信仰です。


共に祈りましょう。

主よ、今日も聖書を読ませてください。そして、理解させてください。分からせてください。神の言葉を聞かせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年1月18日 行って、あなたも・・・
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR