FC2ブログ
2018. 01. 25  
サムエル記下7章に記されたダビデの祈りを、昨日に続いて分かち合います。

祈りの中で、ダビデは神様が導いてきてくださった、救いの歴史を思い返しています。

「主なる神よ、まことにあなたは大いなる方・・・この地上に一つでも、あなたの民イスラエルのような民がありましょうか。神は進んでこれをあがなってご自分の民とし、名をお与えになりました。・・・ご自分のために、エジプトおよび異邦の民とその神々から、この民をあがなってくださいました。(22-23節)」


ここで思い返されているのは、出エジプトの出来事です。いつも申し上げますが、これが救いの原体験です。

あの時、エジプトから救い出してくださった神が、今、わたしの神でいてくださる。

わたしは、イスラエルの歴史を受け継ぐ「神の民」とされているから、今日も大きな救いの手の中で守り導かれている。

このように信じるがゆえに、わたしたちは、勇気をもって祈ります。


みなさんにおすすめします。一日に10秒でもかまいませんから、静まって、自分の力を捨てて、神の救いを思い起こしてください。

エジプトから救い出してくださった神。ダビデを愛し、助けられた神。

この神が、今、わたしの神です。この主なる神を畏れ敬う者には、恵みと慈しみは尽きることない。

静まって、いつもこの想起から始めるのです。


共に祈りましょう。

主よ、今朝はとても寒い朝です。体調を崩している者もたくさんいますから、十分な癒しが与えられますように。不安や重圧を覚えている者を憐れんでください。モーセもダビデも、不安に満ちていたことを思い出します。主よ、思いを超えた恵みをください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年1月26日 十字架の家紋
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR