FC2ブログ
2018. 01. 31  
教会員には連絡がいっていると思いますが、一昨日の晩にT兄が天に召されました。85歳の誕生日まで、間もなくでした。

Tさんといえば、音楽のお好きな方だったと、皆さん口をそろえて思い出を語られます。

フルートの演奏に親しみ、娘さんの奏でるピアノの音色を楽しんでおられるお写真も拝見しました。

賛美歌を歌うのが好きな方でもありました。Tさんといえば、讃美歌194番。「さかえにみちたる、神の都は♪」葬儀でも、ともに歌う予定です。

音楽がお好きな方だったから、賛美歌にも造詣が深かったのか。むしろ、その逆でしょうか。

いずれにしろ確かなことは、彼にとって、すべてのものの創造主への信仰を与えられた時から、「音楽」の意味が変わったということでしょう。

それは、自分が楽しむための娯楽ではなく、美しい音色を創造される神のすばらしさをほめたたえ、また、神のすばらしさを喜び楽しませていただく、祈りの行為となりました。


「ハレルヤ。わたしの魂よ、主を賛美せよ。命のある限り、わたしは主を賛美し、長らえる限り、わたしの神にほめ歌をうたおう。(詩編146:1-2)」


まさにこのように、寝たきりの床でも、神へのほめ歌を歌い続けた生涯でした。

今、その魂は、主イエスのもとで完全に安らい、天に奏でられる永遠の賛美の音色に酔いしれておられることでしょう。


共に祈りましょう。

主よ、私たちは今、愛する兄弟をみもとに送り、地上の悲しみを味わっておりますが、あなたの大いなる御手を覚え、畏れつつ、あなたを賛美いたします。どうぞご遺族に深い慰めがありますように。死の闇に光が差した、救い主イエスの復活の希望が、すべての時間を照らしてくださいますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月1日 神の思いは高く超えて
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR