FC2ブログ
2018. 02. 07  
列王記上11章によれば、ソロモンには700人の王妃と300人の側室がいたとされます。

徳川家の大奥もそうですが、王様というのはそういうハーレムをもつものです。古代には、3000人の王妃がいたという記録もあります。

しかし、イスラエルの王であれば話は別です。

そういうことはしてはいけないと、申命記17:17に定められています。「王は大勢の妻をめとって、心を迷わせてはならない。銀や金を大量に蓄えてはならない。」


大勢の妻をめとるのは、大変にお金のかかることです。それは結局、民の福祉のためでなく、自分のために金銀を用いることです。

逆に言えば、それだけの金銀の蓄えがあってこそ、そういうぜいたくは成り立ちます。

金銀財宝に囲まれて、かつての純朴な信仰と愛の心を失ったソロモンの姿が目に浮かびます。


繁栄は、人間をゆがませる。これは、聖書の「歴史」から教えられることです。

イエス様が、公生涯のはじめに、荒野で誘惑をお受けになった記事を思い出します。

悪魔はイエス様を高い山に連れていって、地上の国々の繁栄を見せつけ、わたしにひれ伏すならこれを全部与えようと誘いました。

主は言われました。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。(マタイ4:10)」

イエス様がわたしたちに与えてくださるのは、この悪魔と戦う力です。


共に祈りましょう。

主よ、今日もわたしたちに必要なだけの富をお与えください。少なすぎれば卑屈になってしまいます。多すぎれば、あまりにもやすやすと、魂がゆがんでしまいます。主よ、ちょうどいいだけのものを、わたしたちに与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月8日 外国の妻たち
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR