FC2ブログ
2018. 02. 10  
久しぶりに、辻宣道先生の「その時の祈り」から、今日は「焦りがつのるとき」という祈りです。

*************
神さま、理由なく追いたてられるような気分になるときがあります。

しなければならぬ仕事があるのに、いっこうに手がつかず
焦りだけが前面にでていらいらします。

このようなとき、落ち着いて気持ちをしずめ
上よりの「細き御声」に
耳を傾ける余裕を与えてください。

「静まって、わたしこそ神であることを知れ」とさとされながら、
イスラエルの民は神に聞くことをしませんでした。
そして失敗しました。

私たちは、おなじ過ちを繰り返したくありません。
あなたがとまれという時にとまり、進めという時すすみます。

人間の思いや判断が先にでて
神さまの指示を、あとまわしにすることがありませんように。

人間が先に結論をだし
その上に立って行動することがありませんように。

どんなに事が急なときも焦って行動せず
まず祈り、御言葉に聞き、その上で進むものとさせてください。

主にあって祈ります。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月13日 偶像崇拝の罪
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR