FC2ブログ
2018. 02. 13  
聖書においては、偶像崇拝ということが最も警戒すべき罪として、徹底的に非難されています。

私などは、聖書を読み始めた頃に、このことにとても違和感がありました。排他的な信仰を思わされ、心が引くような思いになりました。みなさんはどうでしょう?

偶像崇拝・・・、その問題の本質は、「神ではないものを神とする」というところにあります。

拝むべきでないもの、拝む必要のないものを拝む。さらには、拝ませる、ということです。

そのことによって生まれる問題は、2つです。

1つは、神様の偉大さをおとしめてしまうことです。

もう1つは、自分の存在の尊さを、また人間という尊い存在そのものをおとしめてしまうことです。

何言ってるのかよく分からないかもしれませんが、そういうことを今週は考えていきましょう。


共に祈りましょう。

主よ、偶像崇拝こそ最大の罪として聖書に示されていることの意味を、よく悟らせてください。わたしたちの周りにあふれている霊的な問題を、するどく見抜く洞察力をください。そして、真に幸いな道を歩ませてください。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月14日 日本人は無宗教?
NEW Topics
2020年1月17日 創世記2:7「生きる者となる」
2020年1月16日 ルカ2:19「心に納める」
2020年1月15日 創世記2:7「命を与えてくださった」
2020年1月14日 創世記2:7「塵にすぎない」
2020年1月10日 創世記2:18
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR