FC2ブログ
2018. 02. 15  
列王記上18章における偶像崇拝との苛烈な戦いの記事から、いろいろと考えさせられています。

偶像崇拝というのは、「神ではないものを神とする」ことに本質的問題があると言いました。

「主こそ神です、主こそ神です(列王記上18:39)」と、人々が我に返って信仰告白したように、神とはただおひとり、「主なる神」だけです。


「偶像」といっても、仏像とか、ご神体、ご神木の類だけではありません。人間を、神として崇拝させるというのもそうです。

エジプトのファラオ、ローマの皇帝・・、古代の支配者たちは、神として崇められることを要求しました。

日本においては、あの戦争に敗北するまで、天皇は「現人神」として崇拝されました。

江戸時代には、一般庶民にはまったく馴染みのなかった天皇ですが、明治政府に君主として担ぎ出されて、神格化されます。

西洋にはキリスト教があるが、日本にはそのような、国民を統合する宗教的基軸がない。だから、それに代わるものとして、神道を急ごしらえで組織化・体系化し、その頂点として天皇を置こう・・と、明治政府が考えたわけです。

これを「国家神道」といいます。それまでの日本古来の自然神道とは似て非なる、「天皇教」とでも言うべき新興宗教でした。

ところが、担ぎ出された明治天皇は、京の御所で女官たちに囲まれて育ったボンボンですから、まったく頼りないものでした。

ひどい酒好き、女好き、勉強はだめと・・・、明治政府が求める立派な君主、「現人神」からは遠く離れた実態だったようです。

だから、無理やり権威づけて、スパルタ教育もして、「こうであらねばならない」という天皇像をつくりあげていきます。これぞまさしく「偶像」です。

戦後、天皇の人間宣言はなされました。でも、この「天皇教」の構造は、実はなにひとつ変わることなくこの国に残っているのです。


共に祈りましょう。

主よ、この日本という独特の、実に独特の異教国にあって、キリストを知る者とされたということを感謝します。それゆえの様々な難しさもあります。主よ、どうか今日も、すべてのキリスト者を支え励ましてください。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月16日 憤慨しているか
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR