FC2ブログ
2018. 02. 20  
先の日曜日は、私は朝から「御言葉を聴く」ことに集中することがゆるされ、大変恵み深い一日でした。

礼拝ではジョン・ゴー宣教師が大胆に語ってくださり、ドキドキするような思いで、御言葉のスリルと言ってもいいでしょうか・・、神の御前での緊張を感じながら、上から、まったく自分の外から、御言葉がわたしを射抜いてくるという感覚を覚えていました。

そのことは、また明日分かち合います。

今日は、その礼拝の前になされた子どもたちの教会学校で、TCUの林茉莉神学生がなしてくださった証しの言葉を分かち合いましょう。

林さんは、クリスチャンホームで、お母さんのおなかの中にいたころから教会に通っていたわけですが、ずっと神様のことを遠くに感じていたようです。

でも、ご自分にとってつらい試練のときに、「(地上のどんなものであっても)わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。(ローマ8:39)」という御言葉を与えられ、神様が近くにいらっしゃることが分かったそうです。

それからは、神様が共にいてくださると思うと、毎日はとてもうれしいと、子どもたちに伝えてくださいました。

それは、ディズニーランドに行くのの何倍も、くらべものにならないくらい、うれしいよと。

林さんはもうひとつ、御言葉を伝えてくれました。Ⅰペトロ5:7です。

「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。」

神様が、小さなわたしのことを心にかけていてくださる。だから大丈夫。すべてお任せしなさい・・・。

なんだかとてもストレートにこの御言葉が迫ってきて、涙が出そうになりました。


共に祈りましょう。

主よ、あなたがこの小さな一日を与えてくださいました。生きよと、命じてくださいました。そして、すべてを心にかけていてくださることを感謝します。主よ、すべてをお任せします。今日もすべてのことを通して、あなたのご栄光があらわされますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月21日 はじめの熱心
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR