FC2ブログ
2018. 02. 21  
日曜日の礼拝ではジョン・ゴー宣教師が説教してくださいました。ゴー先生は、私にとって魂の恩人ともいえる方です。

7年前、牧師としてのそれまでの歩みの至らなさを思い知らされていた時に、先生と出会いました。

そして彼を通して、今までとは違う角度から聖書を読み始めるようになりました。そして私の内に、新しい熱心が起こされました。

日曜日の説教によって、初心に帰らされた思いです。

ゴー先生の取り次いでくださったことは、私が6年間、勝田台教会に取り次ぎ続けてきたことと同じです。あんなにパワフルではありませんが・・。

私たちは、日本人である前に天国人であること。神の息子、娘であること。

神は、わたしや、わたしの周りに、変化を生み出してくださる方であること。

「祝福の源」として選ばれたこと。わたしから、わたしの周りに神の祝福が広がるように。神が、わたしを遣わされるということ。

キリストを愛する者は、この世でハッピーになるとは聖書に書いていない、必ず苦難があると教えられていること。

人生の困難があり、迫害があり、病があり、災害もある。必ずある。しかし、それらは、主が全部知っていてくださること。すべてを通して、主のご栄光があらわされる。

だから、最後まで耐え忍びなさい。「最後まで耐え忍ぶ者は救われる(マタイ24:13)」。


これらはすべて、何も特別なことではない。聖書をすなおに読んでいけば、そのように書いてあるのです。

共に祈りましょう。

主よ、今日も私の愛するお一人お一人に、あなたの恵みの導きがありますように。今、困難の中にある者たちのことを思います。今日もがんばって生きようとしている一人一人を、強く雄々しくあらせてください。すべてのことを通して、あなたがご自身の栄光をあらわしてくださいますように。



スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年2月22日 ゴールの見えない旅
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR