FC2ブログ
2018. 02. 28  
私たちの人生には、様々な出来事が起こります。

教会の歴史にも、この世界全体の歴史にも、様々な出来事が起こります。

大切なのは、その出来事とひとつひとつ丁寧に向き合い、神様との関係において、その意味をよく悟り、受け止めることだと思います。

「バビロン捕囚」という悲劇は、本当につらく悲しいことでした。でも、その意味を大切に考えたことによって、神の民の未来は開かれました。

彼らがどのように受け止めたのかを知るのに、ネヘミヤ記9章に記されている祈りの言葉は重要です。

お手元に聖書のある方は、ぜひ全部読んでください。

これは、捕囚から解放されて後、エルサレムに帰還した人々が、再建した新しい神殿においてささげた礼拝の中で、大きな声で叫ばれた祈りです。

そこには、これまでの過ちの歴史が振り返られています。

神は、ご自身の約束にしたがって助けを与え、イスラエルの民の歩みを支えてくださった。しかし、先祖たちは神に背きつづけ、神を無視してきた・・。

天地創造の時以来の、そういう過ちの歴史を、切々と振り返るのです。

「あなたは正しく行動されました。あなたは忠実に行動されました。しかし、わたしたちはあなたに背いてしまいました。(ネヘミヤ9:33)」


このようにして、イスラエルの人々は歴史から学び、悔い改めました。

屈辱的な、民族の悲惨の歴史を語り継ぐのは、もう二度とこのようなことを繰り返してはならないと、この悔改めを受け継ぐためです。

悔い改める者たちには、必ず未来が開かれます。神は、決してお見捨てにはなりません。

特に日本人であるわたしたちに足りないのは、そのようにして歴史に学ぶという姿勢かもしれません。



共に祈りましょう。

主よ、これまで積み重ねられてきた人類の歴史、4000年にわたる信仰者の歴史、この日本という国の歴史、わたしという人間の小さな人生・・・、そのすべてをここまで導いてきてくださった、あなたに栄光がありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月1日 詩編106篇
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR