FC2ブログ
2018. 03. 02  
日曜日の説教の中でお伝えしましたが、昔、突然の病が与えられたことで、「神様から裁き(=懲らしめ)を受けたのです・・」と受け止めた方がいました。

そういう受け止め方が正しいのかどうか、難しいところです。

しかし、その方は、誰かにそう言われたわけではなく、自分自身をかえりみて、自分でそのように受け止めました。

きっと、よほどのことがあってのことでしょう。そうであるなら、そう受け止めて、悔い改めればいいのだと思います。

それは、その人と神様とのあいだでしか分からないことです。

懲らしめをいただいたのだと思ったのなら、たちどまって、独り静かに、悔い改めの時を過ごせばいい。


私たちの信仰の先祖も、バビロン捕囚の悲劇を、神の懲らしめとして大事に受け止めて、それまでの過ちを悔い改めました。

そのようにして打ち砕かれ悔いる心を、神は決して侮られません(詩編51:19)。

そこから再び、神との新しい関係がはじまります。次の言葉は真実です。

「主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。
それは朝ごとに新たになる。あなたの真実はそれほど深い。

・・・軛を負わされたなら、黙して、独り座っているがよい。
塵に口をつけよ、望みが見いだせるかもしれない。
打つ者に頬を向けよ。十分に懲らしめを味わえ。

主は、決してあなたをいつまでも捨て置かれはしない。
主の慈しみは深く、懲らしめても、また憐れんでくださる。
人の子らを苦しめ悩ますことがあっても、それが御心なのではない。(哀歌3:22-33)」


共に祈りましょう。

主よ、あなたの慈しみはあまりに深くて、時に、私たちの歩みに本気でお怒りになり、懲らしめさえも与えてくださることを思います。今日も私たちが、あなたとの関係において、自分自身をよく吟味して、なすべきことを見定めることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月3日 レントに
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR