FC2ブログ
2018. 03. 06  
今、病を与えられている方々、大きなケガをされた方々、試練を味わっている方々のことを覚えながら、日々祈っています。

その癒しを、切実に願います。

同時に、それらの出来事を通してまた深く、広く、神の御旨を悟ることができますように・・と、そうしていよいよ砕かれて、信仰と希望と愛が増し加えられますように・・と、祈っています。

詩編37:23-24の御言葉を思い出しています。

「主は人の一歩一歩を定め、御旨にかなう道を備えてくださる。

人は倒れても、打ち捨てられるのではない。

主がその手をとらえていてくださる。」


わたしたちの願いにかなう道ではなく、大きな大きな主の御旨にかなう道が備えられます。

私たちにとって、それがなにより、幸いなことです。

病与えられ、試練与えられ、落ちこみ、肩を落とす時がある。でも、主がその手をとらえていてくださる。

彼らが、今その状況の中でなす証しが、自分ではない誰かのため、あるいは明日、明後日、100年後の未来のために、主の大きな大きなご計画の中で豊かに用いられもするのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたが愛しておられ、わたしも愛している者たちを、どうか大きな御手の中で、髪の毛一本さえ無駄に落ちないように、完全にお守りください。すべてを通して、あなたの栄光があらわされますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月7日 祈り合う喜び
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR