FC2ブログ
2018. 03. 07  
今日は祈祷会があります。互いに祈り合うまじわりは、信仰の人生の格別の恵みです。

小さなグループに分かれて祈るのが、勝田台教会の流儀です。そんな時に、ひとりひとりの具体的な名をあげながら、祈りを合わせます。

自分の知らないところで、自分のためにどれほどの祈りが重ねられているのか・・。そんなことにも気づかされます。

直接に、グループの仲間のために祈ることもあります。

私自身、信頼する信仰者に祈っていただくことの喜びをたくさん味わってきたので、そのように祈り合うことを奨励しています。

ヤコブの手紙の中にも、長老に祈ってもらいなさいという有名な御言葉がありますね。

「あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。喜んでいる人は、賛美の歌を歌いなさい。

あなたがたの中で病気の人は、教会の長老を招いて、主の名によってオリーブ油を塗り、祈ってもらいなさい。

信仰に基づく祈りは、病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださいます。

その人が罪を犯したのであれば、主が赦してくださいます。

だから、主にいやしていただくために、罪を告白しあい、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。(ヤコブ5:13-16)」


この御言葉は実に不思議で、戸惑いさえ覚えさせられます。

「正しい人の祈り」とは、なんでしょうね?

正しい者はいない、ひとりもいないと言われているのに・・・。ただ、旧約聖書の詩編の言葉づかいでは、「正しい人」とは、憐れみにひたすらすがって「主に頼る人」とイコールです。

そういう人とともに祈りあうことは、主の平安に満たされる至福の時です。


共に祈りましょう。

主よ、キリストのあがないのゆえに、わたしたちがあなたに祈ることのできること、この特権を感謝します。そして、互いに祈り合う信仰の仲間を与えてくださってありがとうございます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月8日 開かれる
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR