FC2ブログ
2018. 03. 09  
本日、午後1時より東京基督教大学の卒業式があり、修士号をいただきます。これまでの皆さんのお祈りに、心から感謝を申し上げます。

*************
先の日曜日に分かち合ったイザヤ書35:8の御言葉です。

「そこに大路が敷かれる。
その道は聖なる道と呼ばれ、汚れた者がその道を通ることはない。
主ご自身がその民に先立って歩まれ、愚か者がそこに迷い入ることはない。」


この「大路」とは、高速道路のような道です。バビロンからエルサレムへと、荒れ野を貫いて一直線に開通するハイウェイのイメージ。

このハイウェイは、罪人が神のもとへと帰るために、キリストによって用意された救いの道でもあります。

その道は「聖なる道」であり、「汚れた者」は通ることはできません。

そう言われると、つらいものです。

聖なる神様と、真剣にお付き合いをしようと考えるなら、必ずわたしたちは、自分が「汚れた者」であることに気付きます。

適当な距離感で、信仰ごっこをしている間は、それほど「汚れ」を意識することもないでしょう。

「汚れ」を覚えさせられるのは、つらいことです。

でも、そういう者が、ただ神の恵みと憐れみによってきよめられ、「聖なる道」を通らせていただくのです。


「愚か者がそこに迷い入ることはない」というのは、違う翻訳も可能です。

「愚か者でも、もはや迷うことはない」。このように訳すと、これもまた慰め深い約束です。

私たちは「汚れた者」「愚か者」ですが、羊飼いである主イエスが間違いなく先導してくださるから、迷うことなく、救いのハイウェイを歩ませていただくのです。



共に祈りましょう。

主よ、目を開き、耳を開き、あなたとの距離を縮めてください。自分の汚れに気付かせてください。そして、その汚れをきよめてください。今日も少しずつ、わたしを作り変えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月10日 土曜の夕に
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR