FC2ブログ
2018. 03. 20  
このところ、公文書の改ざんのニュースで持ちきりです。

生真面目さと秩序が取りえだった国でしたが、このようになってしまいました。大事の前の小事とは、私には思えません。

今回の真相は分かりませんので、安易に世論に同調するのは控えます。

ただ、世の道理として、自分の持っている権力に無自覚でいる権力者ほどタチが悪い、ということは言えましょう。

また、この世の支配者は、自分の命を守るために、臣下の命を要求し、時に臣下を裏切りさえもするというのも、歴史が教えることです。

私自身もまた牧師という、宗教的権力者とみなされうる者として、そういう愚かさを抱えます。


キリストはそうではありませんでした。

今は、十字架の御受難を特別に想い起すレントの時を過ごしていますが、あの前夜、ペトロは「あなたのためなら命を捨てます」と言いました(13:37)。

主イエスに魂をわしづかみにされた者は、そのようにして自ら献身へと向かいます。

残念ながら、ペトロはそれを全うできず、主を裏切ることになりました。

しかし、ご自分を裏切った者たちのために、その命をささげてくださったのが主の十字架です。



そのようなことを思いながら、詩編36篇の祈りをもって、共に祈りましょう。



神に逆らう者に罪が語りかけるのが、わたしの心の奥に聞こえる。
彼の前に、神への恐れはない。
自分の目に自分を偽っているから、自分の悪を認めることも、それを憎むこともできない。
彼の口が語ることは悪事、あざむき。
決して目覚めようとも、善を行おうともしない。
・・・・

主よ、あなたの慈しみは天に、あなたの真実は大空に満ちている。
・・・・
神よ、慈しみはいかに貴いことか。あなたの翼の陰に人の子らは身を寄せ
あなたの家に滴る恵みに潤い、あなたの甘美な流れに渇きをいやす。
命の泉はあなたにあり、あなたの光に、わたしたちは光を見る。

あなたを知る人の上に、慈しみが常にありますように。
心のまっすぐな人の上に、恵みの御業が常にありますように。

神に逆らう者の手が、わたしを追い立てることを許さず
おごる者の足が、わたしに迫ることを許さないでください。

悪事を働く者は必ず倒れる。彼らは打ち倒され、再び立ち上がることはない。






スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年3月21日 永遠の命とは
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR