FC2ブログ
2018. 04. 06  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は1:5です。

<私訳>「このお方によって、私たちは使徒の務めという恵みをいただきました。それは、御名のために、まだ神を知らないすべての人々に、信仰すなわち従順をもたらすためです。」


パウロが伝える「福音」は、死者の中から復活された主イエス・キリストその方のことです。

そのキリストによって、彼は「使徒の務め」を受けたといいます。

イエス様に呼ばれた人には、いつも「務め」がともないます。役割と言い換えてもいいでしょう。

「使徒」という特別な「務め」ではなくても、わたしたちにもそれぞれの「務め」が与えられます。

それは重荷ではありますが、そこにこそ「恵み」があります。

「使徒の務めという恵み」というのは、原語で「恩恵と使徒職」という言葉の意訳ですが、パウロの思いはまさに、この重大な務めをいただいたことこそ主の恵みであるということでした。


そしてパウロは、自らのその「務め」を、「異邦人=まだ神を知らない人々」に「信仰すなわち従順」をもたらすということだと理解していました。

「信仰すなわち従順」としたのは、新共同訳では「信仰による従順」とされているところです。

私の解釈では、「信仰すなわち従順」とするほうが、より聖書的だし、パウロらしいと思います。

旧約聖書からずっと親しんでいる人にとっては、神様を信頼するなら、神様の教えには従う、というのが当たり前の前提です。

「信仰」というのは、常に「従順」と一体的です。

例えば食卓で焼肉をするとして、このお肉はまだ焼けてないから待ちなさいと親が言えば、幼子は信じてそれに従うでしょう。

親を信頼しているからです。親の愛を信じているからです。だから、従順に言うことを聞くのです。


共に祈りましょう。

主よ、幼子の様な信仰にあこがれます。あなたに深く信頼し、あなたの示されるところに従順に歩む、そんな信仰生活を与えてください。そこにある平安と魂の喜びを、今日の私たちの一日に満たしてください。





スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年4月7日 「求道者のための祈り」
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR