FC2ブログ
2013. 02. 15  
「敵を愛する」という教えを思う時、「愛する」とはどういうことかも改めて問わねばなりません。

ある兄弟が繰り返し指摘してくださっていますが、「愛する」と「好き」は違います。

「好き」は感情であり、だれにも備わる自然なものです。

「愛する」は意志であり、神から与えられる特別な能力です。

「好き」は自分からはじまり、自分に正直であろうとする自己本位な思いです。

「愛する」は相手からはじまり、相手に与えることへと向かう他者本位な思いです。

敵を「好き」になることはできません。しかし、「愛する」ことはできます。


他にも言っておきたいことは山ほどありますが、字数が足りません。

考察はここまでにして、聖書の中でも特に有名な「愛」の教えに聞きましょう。

「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。(Ⅰコリント13:4-7)」


共に祈りましょう。

主よ、愛なる主よ、私たちにも「愛する」力をください。今日も、決して好きになれない人と会わねばならない人もいるでしょう。決して好きになれない人との因縁を、抱えている人もいるでしょう。主よ、どうかあなたの愛で、まずはその心を十分に癒してくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年2月16日 コロサイ1:21-23
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR