FC2ブログ
2018. 05. 31  
天国人のボキャブラリー、今日は「憐れみ」という言葉、特に「憐れんでください」という祈りを紹介します。

聖書には「主よ、わたしを憐れんでください」という祈りが何度も出て来ます(詩編6,9篇、マタイ17:15など多数)。

これがどうも分からない、自分はこのようには祈りたくないとおっしゃる方がいました。

憐れみを受けるなどというのはまるで物乞いのようで、ちょっと惨めすぎると言うのです。

他方で、本当に苦しい時には「憐れんでください」としか祈れないと、教えてくださった方もいます。

これまでの人生でたくさんの試練を味わってきたけど、もう祈ろうと思っても言葉にならない。ただ『憐れんでください、主よ、憐れんでください』としか祈ることができない時があるのですと、教えてくださいました。


「憐れむ」、それは、私たちの痛みを御自分の痛みとして、はらわたがちぎれる思いでもって近寄ってくださり、助けてくださるイエス様の感情を表している言葉でもあります。

そのようにして憐れんでいただくよりない惨めさを、私たちは誰もが、抱えているのではないでしょうか。


いっしょに祈りませんか。

憐れんでください。主よ、憐れんでください。惨めな私を憐れんでください。心乱れて、眠れなかった私を憐れんでください。今日も気が重い私を憐れんでください。主よ、憐れんでください。主よ、声にならぬ祈りを聞いて下さい。主よ、主よ・・・。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年6月1日 「賛美する」
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR