FC2ブログ
2018. 06. 01  
天国人のボキャブラリー、「賛美する」というのもそうですね。

教会で「賛美」といえば、神様はすばらしい方だとほめたたえることです。

より実際的には、「賛美歌を歌う」ということとイコールでもあります。

教会というのは、よく歌を歌うところです。葬儀の場であっても、いつもと変わらずみんなで歌を歌います。それは神様への賛美の歌です。

天に召された兄弟姉妹の地上の生涯に寄り添い、慰め励まし続けてくださった神に感謝をして、神よ、まことにあなたはすばらしいことをしてくださったと、喜び歌うのですね。

それは確かに常識外れでしょうが、希望の人であるクリスチャンの極めてユニークな特質だと自負しています。

私はしばしば祈ります。嘆きとため息に満ちているこの口から、賛美があふれだすように、この心を引き上げてください、と・・。

いつでも、賛美を口ずさみ歩みたいですね。

苦しいときも悲しいときも。

どんな時でも、私たちは賛美ができます。

それは、神と共に生きる、永遠の命の希望を見つめているからです。

だから、いつも賛美します。その賛美の歌によって、この貧しい心が守られるのです。

賛美することで、この心が変えられていくのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたは私に賛美の心を与えてくれました。それは私にとって、革命的な出来事でした。主よ、あなたはすばらしい。あなたは私に、なにひとつ悪いことをなさらなかった。主よ、今日もお守りください。愛するすべての人々に、恵みと慈しみが限りなくありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年6月2日 「聖餐の前に」
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR