FC2ブログ
2018. 06. 27  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は、1:19です。

<私訳>「だって、神について知り得るほどのことは、彼らにも明らかなのですから。それは、神様が明らかにされたからです。」

昨日の18節で、神様がお怒りになっているということを確認しました。

では、なぜお怒りになっているかといえば、だれもが神様のことを、ある程度知っているにも関わらず、それを徹底的に無視して反抗しているからです。

ここからしばらくは、生まれながらの罪人が持っている神知識について教える、聖書の中でも希少な箇所です。

神様は、聖書において御自分を完全に明らかにされていて、聖書を通してでなければ、神様とはどういう方か、またその真の御心を知ることはできません。

でも聖書を知らなくても、大自然を見ておそれを抱いたり、「お天道様が見ているよ」という風な感じに、良心のとがめを覚えたりする。

そういうかたちで、神様のことをある程度は知っている。それが、世界万民に共通する人間の本質的宗教性です。

それは、神様が創造の業を通して、明らかにしてくださったからなのですが、続きは明日。


共に祈りましょう。

主よ、私たちがあなたのことを知る前から、あなたはすべてを知っていてくださって、私があなたに気付くのを待っていてくださいました。今もたくさんの人が、あなたを無視したまま、さまよい、勝手に生き、また、独りで苦悩しています。主よ、私たちが、また私たちの周囲の方々が、あなたのことを真実に知ることができますように。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年6月28日 ローマ1:20
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR