FC2ブログ
2018. 06. 29  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は1:21です。

<私訳>「だって、彼らは神を知っていながらも、神としてあがめず、感謝をささげることもなく、かえってむなしい議論にふけり、その愚かな心がどんどん暗くなっていくのですから。」


20節の「彼らには、神を知らないと言い訳などできない」という言葉から続いています。

神様のことをまったく知らない人などいないのです。うすうす「知っていながらも」逃げ回っていたり、神を正しく「神として」お取り扱いせず、勝手な神々をこしらえて、自分たちの宗教的欲求を手軽に満たしている。これが問題です。

大事なのは「神として」というところです。

私たちも自らを省みてみましょう。どこまで神様を「神様として」ふさわしくあがめ(賛美)、感謝をささげているか。

それを問うことは、「本当に私は、神様を知っているといえるのか?」と問うことに通じます。

自分勝手な神々をこしらえて、自分を神としているだけではないのか・・・。


それから、新共同訳では「むなしい思い」となっているところを、「むなしい議論」としました。

もしかするとこの背景に、当時の哲学者たち(特にストア派)の、神存在を巡っての議論の数々が意識されているのではないかと、思ったからです。

神を「知る」ということは、神を愛することであり、愛されることです。神に従うこと、すなわち神と一緒に歩み始めることです。賛美と感謝の新しいライフスタルを生きることです。

どれだけ「むなしい議論」を重ねても、神を「知る」ことは永久にできません。

最後の「暗くなっていく」は「スコトス(暗闇)」の派生語です。日蝕で光が失われていくように、人の心が光を失っていく・・・。そんな様です。

しかし、その人の心に光を灯すために、神の子が十字架にかかり、あの日、暗闇を味わってくださったのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちはあなたを正しく「神として」敬うことができているでしょうか。あなたに感謝し、あなたを愛することができているでしょうか。あなたのことを、もっと正しく深く知らせてください。そうして、私たちのまだ知らない恵みの世界を開いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年7月3日 ローマ1:22
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR