FC2ブログ
2018. 10. 26  
次の日曜日は、宗教改革記念日(10月31日)を覚えて、エフェソ2:1-10を分かち合います。

この箇所は、「ただ恩恵のみによって人は救われる」ということが、最も明確に示されている聖句のひとつです。

「事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。(エフェソ2:8)」


神の賜物、すなわちまったく無償のプレゼントです。

そのプレゼントは、具体的には、独り子であるイエス・キリストを私たちに与えてくださる、というかたちで示されました。

面白いのですが、エフェソの信徒への手紙というのは、「キリスト」という語がやたらたくさん用いられます。

気になったので調べてみますと、新約聖書全体では513回。さすがに「キリスト」教というだけあって多いですね。

その中で、エフェソ書では61回用いられます。これは一番ではありません。

一番はローマ書の73回。でもそれに次ぐ2位です。

ローマ書は16章あるのに対して、エフェソ書は6章しかないことを考えますと、どれだけ凝縮して「キリスト、キリスト」と詰め込まれているかが分かります。


キリストをくださったこと、そのことに、神の無限の愛があらわされています。

キリストと共に生きること、それこそが、新しい命であり、人間本来の尊厳が輝きだす道です。

エフェソ3:14-21にある、パウロの祈りに導かれて、私も、私たちの群れのために祈ります。


「こういうわけで、わたしは御父の前にひざまずいて祈ります。

御父から、天と地にあるすべての家族がその名を与えられています。どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、

信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ、あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように。

また、あなたがたがすべての聖なる者たちと共に、キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、

人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。

わたしたちの内に働く御力によって、わたしたちが求めたり、思ったりすることすべてを、はるかに超えてかなえることのおできになる方に、

教会により、また、キリスト・イエスによって、栄光が世々限りなくありますように、アーメン。」
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年10月27日「はっきりと分かりました」
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR